ここから本文です

西野ジャパンを襲った“ロストフの悲劇” 痛恨の逆転負けに人目をはばからず涙した3人は…

7/3(火) 5:40配信

Football ZONE web

後半アディショナルタイムに決勝点を被弾 ベルギーとの残酷なコントラストが広がる

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突し、2点を先行するも追いつかれ、後半アディショナルタイムに痛恨の逆転ゴールを許して敗れた。

【動画】衝撃のゴラッソにベルギーの名手も呆然! 日本代表MF乾貴士、ワールドクラスの「無回転ミドル弾」

 激闘直後に日本の選手は一斉に肩を落とし、ある選手は膝をピッチにつけて落胆すると、ある選手はピッチにそのまま倒れ込んで悔しさを露わにしている。歓喜に沸くベルギーの選手とスタッフ陣とは対照的に、日本側には悲痛な空気が流れるなど、残酷なコントラストがピッチ上に浮き上がった。

 ベルギーの選手らが日本の選手たちに歩み寄り、握手や抱擁を交わして健闘を称えるなか、人目をはばからずに涙を流していたのがDF昌子源、DF酒井宏樹、そして1ゴールを叩き込んだMF乾貴士だ。3人はフル出場を果たし、最後まで走り抜いたが、最後の最後で逆転という悲劇に見舞われた。

 日本のチームメイトたちも励ましの言葉を掛け、肩を支えるように歩く光景も見られた。それでも自然と湧き出る涙は止まらない。三人はタオルを頭にかけながら何度も目元を拭うと、最後の力を振り絞ってロシアまで足を運んだファンに最後の挨拶。会場からは最後まで走り抜いたサムライブルーに大きな拍手が送られた。

大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki

最終更新:7/3(火) 12:27
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新