ここから本文です

現役引退も視野!? 本田がW杯後の白紙強調「今はフリーという状態をあえて作っている」

7/3(火) 16:20配信

Football ZONE web

ラストW杯を終えてキャリアに言及「サッカーにどう携わっていくのかは整理したい」

 日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突。2点を先行するも追いつかれ、後半アディショナルタイムに痛恨の逆転ゴールを許して2-3で敗れた。

【動画】衝撃のゴラッソにベルギーの名手も呆然! 日本代表MF乾貴士、ワールドクラスの「無回転ミドル弾」

 本田にとって3度目のW杯だった。2010年南アフリカ大会で初出場すると、2014年ブラジル大会にも主力として出場。ロシアW杯ではスーパーサブの立場となったが、6月19日のW杯グループリーグ初戦コロンビア戦(2-1)では1アシストをマークし、続く24日の第2戦セネガル戦(2-2)では貴重な同点ゴールを叩き込む活躍を披露した。3大会連続ゴールを決めるなど、ここ一番で歴代屈指の勝負強さを見せつけている。

 ベルギー戦後、本田は「これが僕自身にとって最後のW杯になる」とコメント。ベルギー戦限りでの代表引退こそ明言を避けたが、「究極、プロになるのもヨーロッパに行くのもワールドカップのためだった」と心血を注いできたW杯に別れを告げるなか、代表引退も言外にほのめかしている。

 W杯という最大の目標がなくなった今、本田はすでに“現役引退”も視野に入れながらサッカーとの関係を見つめ直すと明言した。

「現役をどう続けていくのか、サッカーにどう携わっていくのかは整理したい」

「しっかり自問自答しながら見つけていく」

 昨夏、イタリアの名門ACミランからメキシコのパチューカに移籍。新天地での契約は1年限りで終了し、現在はフリーの身となっている。今後の身の振り方は、W杯後に改めて考えていくようだ。

「チームは分からないですけど、パチューカとの契約を1年にしてこのW杯に向けてやってきて、今はフリーという状況をあえて作っている。しっかり自問自答しながら見つけていくものだと思います」

 ロシアW杯で一区切りをつけた本田は、果たしてどんな決断を下すのか。その一挙手一投足に注目が集まりそうだ。

大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki

最終更新:7/3(火) 16:20
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)