ここから本文です

「過去最強のベストチームだった」英誌・熟練記者が日本代表の熱闘に感動!【ロシアW杯】

7/4(水) 5:17配信

SOCCER DIGEST Web

理由は簡単。ベルギーが強すぎたのだ

こうしたメンバー構成に行き着けたのは、やはり西野監督の天性の勝負勘によるところが大きい。
 
 極度に短かった準備期間を考えれば、過去のどの日本代表よりも連携がスムーズだったように思う。そこかしこで異彩を放ったのが“コンビプレー”だった。代表的なのは長友と乾の左サイドだが、酒井と原口、長谷部と柴崎、柴崎と香川、香川と乾といった具合に、さまざまな局面で彼らのコンビプレーが冴え渡り、チームの高質な組織力を下支えしていた。技術委員長時代から、個々の特性をよく観察し、理解していた西野監督だからこそなし得たマネジメントだ。
 
 実際のところ、ポーランド戦のメンバーはこの点で大きく見劣りした。以前のような歯と爪のない日本代表に成り下がっていたのだ。ハリルホジッチ前監督は3年間をかけてこのコンビプレーに磨きをかけようと追い求めていたはずだが、西野監督は数週間で形にしたのである。

 
 ベルギー戦の前半はほぼゲームプラン通りだったと思う。ロメル・ルカク、エデン・アザール、ケビン・デ・ブルイネらに決定的な仕事をさせなかった。とくに前半の最初と最後の15分間はお見事で、日本はかなり良いバランスで中盤を抑えていたのだ。ベルギーの選手たちが自陣ボックス内に殺到してきたが、慌てることなく冷静に対応し、最後の局面でファウルすることなくシュート機会を防ぎ切った。
 
 そして後半、狙い通りに得点を挙げるのだから驚きだ。柴崎のロングスルーパスに呼応した原口が、ここしかないというコースに絶妙なフィニッシュ。乾のシュートセンスが生んだスーパーゴール。前半の劣勢にあっても臆せず、手数を出し続けた積極性がついに実を結んだのだ。
 
 私は2点をリードした後の日本の戦い方が、とりわけ拙かったとは感じていない。引き続き守備は冷静に対応していたし、攻撃への意欲も持ち続けていた。こう結論付けてしまえばそれまでの話だが、ベルギーが強すぎたのだ。
 
 ヤン・ヴェルトンゲンのヘディングは日本にとって不運だったが、あそこから一気にプレッシャ―の度合いが跳ね上がった。ルカクとアザールは継続して上手くケアできていたが、そこに巨漢のマルアン・フェライニが加わったのだから、強力きわまりない。ほんのわずかな穴でも開こうものなら、強引に突いてくる。そんな恐ろしさがあった。あの2失点目を防ぐのは至難の業だったか。
 
 アディショナルタイム、本田圭佑のフリーキック。8年前のデンマーク戦を思い出した。コーナーキックに失敗して、最後の最後で手厳しい逆襲を食らって……。集中力が途切れてしまったか。残念だった。あと一歩だった。

2/3ページ

最終更新:7/4(水) 21:22
SOCCER DIGEST Web