ここから本文です

「過去最強のベストチームだった」英誌・熟練記者が日本代表の熱闘に感動!【ロシアW杯】

7/4(水) 5:17配信

SOCCER DIGEST Web

イングランドが日本戦を避けられた。不幸中の幸いだ

 批評する者の中には、2点リードを守り切れなかったチームを責める者がいるだろう。ただ、私は同意しない。ベルギーは優勝候補であり、日本はそんな相手と堂々戦い、その実力をいかんなく発揮したのだ。次の準々決勝で、ベルギーがブラジルを打ち負かしても私は驚かない。そんなチームと、シビれるような互角の勝負を90分間やり遂げたのだ。どこに非があるというのか。
 
 どんなに素晴らしい出来を披露しても、結果に繋がるとは限らない。思えば今回のような逆転劇(0-2からの勝利)は、1970年のメキシコ大会以来だという。忘れもしない、準々決勝のイングランド対西ドイツ戦だ。我が母国は2点をリードしながら大逆転負けを喫した。あの光景はいまだ、思い出しただけで悔しさがこみ上げてくる。そうだ、内容で優るチームが勝ち上がれるとは限らないのだ!
 
 私にとって今回、不幸中の幸いだったのは、イングランドが日本との対戦を避けられたことだろう。もちろん半分冗談、半分本気である。

――――――――――◆―――――――――◆――――――――――――
 
著者プロフィール
マイケル・プラストウ/1959年、英国のサセックス州出身。80年に初来日。91年に英国の老舗サッカー専門誌『ワールドサッカー』の日本担当となり、現在に至る。日本代表やJリーグのみならず、アジアカップやACLも精力的に取材し、アジアを幅広くカバー。常に第一線で活躍してきた名物記者だ。ケンブリッジ大学卒。

3/3ページ

最終更新:7/4(水) 21:22
SOCCER DIGEST Web