ここから本文です

柴崎が海外紙「ロシアが生んだ5人のスター」に選出 「サムライブルーの心の拠りどころ」 

7/7(土) 7:10配信

Football ZONE web

全4試合に先発出場し、ベルギー戦では原口の先制弾を演出する絶妙スルーパスを披露

 日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)を3度目のベスト16で終えた。南米の強豪コロンビア撃破や、FIFAランキング3位のベルギーをあと一歩のところまで追いつめた奮闘ぶりは称賛を浴びたが、MF乾貴士とともに世界的な評価を高めたのがMF柴崎岳だ。海外紙は「サムライブルーの心の拠りどころだった」と絶賛している。

【写真】クールな男がアンニュイな表情!? ファンもこれを待っていた…プラチナ世代の日本代表MF柴崎岳とDF昌子源の“GSコンビ”ショット

「ロシアが生んだ5人のスター」と見出しを打って取り上げたのは、南アフリカ紙「Mail & Guardian」だった。

 特集では、柴崎がいの一番で登場する。自身初のW杯出場となった柴崎は、4-2-3-1のボランチとして全4試合に先発出場。パスを散らして攻撃のリズムを作り出した一方、守備でも素早いプレスと鋭い出足でこぼれ球を回収するなど、MF長谷部誠とコンビを組んでチーム全体を落ち着かせる働きを見せた。

 なかでも、特筆されているのは決勝トーナメント1回戦でMF原口元気の先制点を引き出す絶妙なスルーパスだ。ドリブルで持ち出し、センターサークル付近から狙いすました一本を見事に通したが、記事でも「彼は崇高なパスでベルギーに対抗し、経験のあるヤン・フェルトンゲンを置き去りにした」と相手の守備を手玉に取った点に触れている。

「世界的に高い評価を得るのは間違いない」

「日本の壮絶なベスト16の戦いはタカシ・イヌイが注目を集めたが、ガク・シバサキはサムライブルーのアタッカー陣の心の拠りどころだった。今季はヘタフェで先発出場12試合。そこからワールドカップの活躍により価値を高め、世界的に高い評価を得るのは間違いない」

 同紙は、今大会で2得点1アシストを記録した乾以上に、柴崎は中盤で西野ジャパンを支えていたと最大限の賛辞を送っている。ベスト16敗退直後には、ACミランやドルトムントが関心を示しているとイタリアメディアで報じられており、ヘタフェからのステップアップが現実的な選択肢になるのも時間の問題かもしれない。

 なお、その他のスター4人は開催国ロシアのMFアレクサンドル・ゴロビン(3試合出場・1得点)、スウェーデンのMFエミル・フォルスベリ(4試合出場・1得点)、メキシコのFWイルビング・ロサーノ(4試合出場・1得点)、日本戦で直接FK弾を決めたコロンビアのMFファン・キンテーロ(4試合出場・1得点)が選ばれた。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/7(土) 16:16
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事