ここから本文です

ネイマール、再び“過剰演技”で物議 「恥だ」「愚かなダイブ」と英メディア酷評

7/7(土) 8:00配信

Football ZONE web

1-2で敗れた8強ベルギー戦でもエリア内で“ダイブ”

 ブラジル代表FWネイマールは、ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝のベルギー戦でも、今大会で物議を醸している“過剰演技”を行い、元イングランド代表MFから「恥」と酷評されている。英紙「ザ・サン」が報じた。

【動画】衝撃の閃光! ベルギー代表MFデ・ブライネの圧巻ミドルに世界驚愕「なんてゴールだ!」

 ネイマールはベルギーに0-2とリードを許して迎えた後半9分、敵陣ペナルティーエリア内でMFマルアン・フェライニとほとんど接触がなかったにもかかわらず、自らピッチに身を投げ出した。

 英公共放送「BBC」の解説者で、元イングランド代表MFダニー・マーフィー氏は「ネイマール、恥だ。あんなに素晴らしい才能があるのに。彼は人々を騙し続けなければいけないと感じているようだ。彼はフェライニを蹴りつけようとして、ペナルティーを獲得しようとした」と断罪したという。

 同紙の記事でも「ネイマールはまたも炎上した。ベルギー戦で愚かなダイブをしたことで視聴者から批判されている。ブラジルのエースは準々決勝で、ピッチに身投げした」と酷評されている。

 そして今大会で大きな話題の一つとなっているネイマールの過剰演技と、それに対してイエローカードを提示しなかったミロラド・マジッチ主審に対し、ツイッター上で世界のサッカーファンから怒りの声が上がっていると、コメントを引用して紹介した。

「この男は毎回リスペクトを失い続けている」とSNS上も炎上

「レフェリーはなぜダイブだと分かっているのに、ネイマールは警告を受けないんだ。自分が見逃したのか」
「ブラジルはベルギーに2-0でリードされ、ネイマールはペナルティーを手にするためにダイブに賭けた」
「今、バーではネイマールのダイブのたびにビール一杯タダで振舞っている。破産寸前だ」
「ブラジル戦でネイマールがいつものダイブ。この男は毎回リスペクトを失い続けている」
「親愛なるネイマール、以前見た時にあなたはフットボーラーでスイマーではなかった。ピッチはプールでもない。マイケル・フェルプスの世界記録を破ろうとしているのか?」

 優勝候補筆頭と大会前に呼び声の高かったブラジル。王国の威信を背負ったはずの背番号10だが、審判を欺こうとする過剰演技とベスト8敗退により、ロシアの地に汚名を残すことになってしまった。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/7(土) 11:19
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事