ここから本文です

ゾゾだけじゃない!衣料業界の自動採寸技術

7/8(日) 6:00配信

東洋経済オンライン

 「自宅に1着は必ずあるベーシックアイテムを、完璧な“あなたサイズ”でどんどんご用意していく。今までにない生産手法で、今までにない商品をなるべく早くお届けする」。「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長は、7月3日のメディア向け発表会でそう強調した。

【写真】スタートトゥデイが販売するPBのドレスシャツ

 スタートトゥデイは同日、今年1月に展開を始めたPB(プライベートブランド)「ZOZO」の商品ラインナップに、男性向けオーダースーツを新たに投入したと発表。世界展開を目指し、72の国と地域での販売にも乗り出した。

■技術を駆使したオンデマンド生産

 「ZOZO」の売りは、無料配布中の採寸用ボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」で計測したデータに基づき、オーダーメードに近い形でぴったりサイズの商品を届けること。ゾゾスーツは当初、伸縮センサーを内蔵した仕様で発表したが、技術や費用の面で量産化が難しく、製造を断念した。その後、ある研究者チームから3億円で買い取ったアイデアを基に、スマートフォンで撮影して計測する新たなゾゾスーツを開発した。

 商品の製造工程でも、外部から買い取った技術を一部生かし、ニットを縫い目なく立体的に編み上げる機械を持つ島精機製作所との協業にも着手した。「お預かりした体形データとオンデマンドで商品を生産できる機械を組み合わせて、信じられなかったようなスピードでぴったりのアイテムをお届けできるようになる」(前澤社長)。

 テクノロジーを駆使して採寸やオーダー生産の手法の革新に取り組む動きは、スタートトゥデイに限った話ではない。ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正・会長兼社長も、4月の決算説明会で「より簡単に、スマートフォンとか店舗で瞬間的に採寸する方法を鋭意研究中」と語り、近い将来新たな採寸手法を取り入れることを示唆した。

 自動採寸によるオーダーメードの学生服の生産を始めた企業が存在する。埼玉県に本社を置き、学校制服の製造などを手掛ける光和衣料は今年、3Dボディスキャナーを活用した生産システムの運用を始めた。

 ボディスキャナーの技術は、大学発ベンチャーのスペースビジョンが開発。カメラを内蔵した3本の柱の中央に利用者が立つと0.5秒で約100万カ所を自動で測定する。採寸データは自社サーバーを経由して生産ラインに送られ、採寸から18分後には生地が裁断される。そしてわずか3時間後、オーダーメードの制服が完成し、出荷できる状態となる。

1/2ページ