ここから本文です

エジル父、息子の“戦犯”扱いに激怒。ドイツ代表引退を勧める【ロシアW杯】

7/8(日) 23:11配信

フットボールチャンネル

 ドイツ代表MFメスト・エジルの父親が、息子に対する批判に苛立ちを隠せない様子だ。英メディア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

【2018年ロシアW杯】決勝トーナメント日程・結果

 2014年のワールドカップで優勝したドイツは、ロシアワールドカップでも大きな期待が寄せられていた。だが、グループリーグを突破できず、チームには大きな批判を浴びている。

 なかでもエジルに対しては厳しい声が多い。ルーツをトルコに持つ同選手は大会直前、SNSにトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と面会した写真を投稿。トルコの大統領選に関係したことが問題視された。そんな状況で迎えたワールドカップでは本来の輝きを放てずに終わっている。

 エジルの父は「息子はこの国のために貢献してきた。勝ったときは、一緒に勝ったという。だが、負けた途端、エジルのせいになるのか? スケープゴートにされている」と話した。

 さらに「息子の痛みはあまりにも強い。私がメストなら、もう辞めるよ。まあ、それは私個人の意見だけどね」と、我が子に代表引退を勧めている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)