ここから本文です

「昔のイングランドと戦いたかった」大一番を前に名手モドリッチが本音をポロリ【ロシアW杯】

7/9(月) 18:22配信

SOCCER DIGEST Web

「ハリーはすごいストライカーに成長した」

水曜日に迫ったロシア・ワールドカップ準決勝、イングランドvsクロアチアの大一番。このゲームに並々ならぬ意欲で臨む名手がいる。クロアチアの至宝、ルカ・モドリッチだ。
 
 2008年夏にディナモ・ザグレブからトッテナム・ホットスパーに移籍し、丸4年間プレーした。ワールドクラスへの階段を駆け上がった思い出深いクラブであり、プレミアリーグに対しては「いまでも恋しく感じることがある」と語るほど。現在は世界王者レアル・マドリーで不動の地位を築いているが、身体にはプレミアのDNAが染みついている。
 
 やはりイングランド代表との対戦には、感慨深いものがあるようだ。
 
「いまのイングランド代表には、僕がプレミアでプレーしていた頃にはまだ芽が出ていなかった若い選手たちが多いけど、やっぱり心にグッと来るものがある。彼らとこんな最高の舞台で再会できるなんて、本当に嬉しいよ。昔に比べてチームのスタイルは洗練されていて、パスを重視しているね。僕たち(クロアチア代表)と変わらずポゼッションを大事にしている。(CBの)ジョン・ストーンズがすごくボールに触っていて、まるでマンチェスター・シティのようだ。本心を言えば、昔のままのイングランドと戦いたかったけどね(笑)」
 
 
 トッテナム在籍当時にチームメイトだった現メンバーは、ハリー・ケイン、ダニー・ローズ、カイル・ウォーカーの3人。「みんなまだ若くて、野心に溢れていて、途轍もないポテンシャルを秘めていた。なかでもハリーはまだ10代だったけど、あの頃から練習熱心でハードワーカーだったな。すごいストライカーに成長したものだよ」と微笑む。
 
 警戒しているのは、スリーライオンズお得意のセットプレーだ。
 
「彼らのセットピースは脅威だ。(ハリー・)マグワイアにハリー、ストーンズと決め切れるターゲットがいて、バリエーションも豊か。僕たちはロシア戦(準々決勝)でセットピースから手痛いのをひとつもらっているから、しっかり対応しなければいけない」

【写真】敵も味方も関係なし…ワールドカップの美しき光景

1/2ページ

最終更新:7/9(月) 23:09
SOCCER DIGEST Web