ここから本文です

ギャルが最も憧れるグループ! サイバージャパン ダンサーズがカリスマとして君臨するまで【前編】

7/9(月) 6:14配信

週プレNEWS

週プレで初めてのグラビア撮り下ろしを体験して以来、2年ぶりの登場にして、今回、記念すべき初表紙! 

クラブやフェスの領域(フィールド)を超え、今や日本中のギャルが最も憧れるグループに成長したサイバージャパン ダンサーズだが、そもそも彼女たちがどんな経緯で、現在のようなカリスマとなったのかを知っている男性読者は少ないはず。

そこでグループの中心人物である渡辺シスターズに、これまでの道のりをじっくり聞いた。

■始まりは2000年。たった数名のギャルから

サイバージャパン ダンサーズ(以下、CJD)は、DJのMITOMI TOKOTOが2000年にスタートさせたクラブイベント「ビキニナイト」で結成された。

「ビキニ...」はダンスミュージックの聖地にして、夏のヨーロッパのリゾートの代表、イビサ島のクラブに着想を得て、水着姿の女性客が集うダンスイベントで、MITOMIはDJプレイ中にゴーゴーダンサーをステージで踊らせようと考えたのだ。

プロの外国人ダンサーもメンバーにいた時期も経た08年、現在の原形となるチームが完成する。メンバーは渋谷に集まっていたクラブ好きのギャル数名だ。黒く日焼けした肌、盛られたメイク、ロングの金髪、そしてカラフルなビキニ。都内の小さなクラブで踊りまくる彼女たちは、華やかさと開放感で、イベントの看板として名を馳(は)せる。

10年に加入し、初期メンバーと共に活動。今はリーダー格として活躍するカナエ(渡辺加苗)が当時を振り返る。

「私はもともと大阪から上京してギャル誌のモデルをやってました。CJDにはギャル友達に誘われて入ったんです。本当は一回のつもりだったけど、出たらステージで自分を表現できるのが気持ち良すぎて。当時のメンバーはみんなカッコよかったです。メイクは強くて、全員オラオラみたいに強いキャラ。触る男性客がいたら蹴るコもいて(笑)。でも結束が固く踊りも上手。彼女たちがいたから知られるようになり、今に続いてると思います」

12年に加入したカナエの実妹、カズエ(渡辺加和)は、姉と共に"渡辺シスターズ"と呼ばれ人気を集めている。

「私は歌手志望で上京して、板橋にあった姉のマンションに転がり込みました。CJDには姉に連れていってもらったのですが、スゴい人たちばかりだし、水着で踊るのにも抵抗があるし、自分には無理だと思ったんです。だけどMITOMIさんが『姉妹で出れば人気出るよ』って1年くらいかけて何度も誘ってくれて。それで試しに出てみたら楽しすぎて、結局入ることになりました」

当時、CJDのメンバーたちはギャル雑誌モデル、大学生、エステサロン勤務など、多くは働きながらCJDの活動を続けていて、イベントは月1、2回だった。

「当時の生活は3000円のモデルの仕事を終えて、駅前のスーパーにカズエと寄って帰る、そんな感じ。毎日自炊していましたね。カズエは地鳥屋さんでバイトしてたから、もらってきた焼き鳥を食べたり(笑)。メンバーの中には電気やガスが止まったなんて嘆くコもいたけど、明るくCJDは続けてました。何よりみんなとステージで踊るのが楽しかったんです」(カナエ)

1/2ページ

最終更新:7/10(火) 16:46
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.31
7月14日(土)発売

特別定価500円(税込)

サッカー日本代表の新監督、誰なら勝てんの
か?/「水道法改正」でニッポンの水がヤバ
イ!/急増する「75歳以上」と寛大な気持
ちで付き合う方法【グラビア】吉岡里帆