ここから本文です

錦織、死闘直後の“粋な振る舞い”が話題「超クールな顔」「なんて素晴らしい」

7/10(火) 11:31配信

THE ANSWER

客席の日本人少年に届けた“贈り物”がネット上で話題「感動」「太っ腹すぎる」

 テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは9日、男子シングルス4回戦で世界ランク28位の錦織圭(日清食品)がエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を4-6、7-6、7-6、6-1の逆転で下し、95年の松岡修造以来、日本勢23年ぶりの8強進出を決めた。3時間28分に及ぶ死闘を制した直後、錦織が行った“ある行動”が海外メディアにも捉えられ、日本のファンに「なんて素晴らしい」「感動」「錦織の超クールな顔」などと話題を呼んでいる。

【画像】「なんて素晴らしい」「感動」とネット話題! 錦織が客席のちびっ子に“粋な贈り物”を送った実際の写真

 実に3時間28分。右肘の痛みに耐えながら、錦織は日本勢23年ぶりの8強進出を決めた。歓喜に浸った試合後のコート上。その最中の出来事だった。

 相手、審判との握手を交わし、退場の身支度を始めた錦織。客席に目をやると、おもむろに赤いバックから何やら取り出した。予備のラケットだ。すると、手に持ったまま客席に歩み寄ると日本人の子供たちの一団から一人の少年に手渡したのだ。子供は思わぬプレゼントに大喜び。しかし、錦織は表情一つ変えず、クールに元いた場所に戻って行ったのだった。

 試合中に再三、日本のファンから「頑張れ!」の声が響いていた。しかし、試合直後、しかも試合中にメディカルタイムアウトを取るなど、死闘を演じても、ファンを思いやる気持ちが表れているようなシーンだった。

プレゼントした後の「錦織の超クールな顔」に脚光も

 この模様は試合中継に映り、ネット上で話題に。「なんて素晴らしい」「太っ腹すぎる」「ちびっ子にあげる姿に感動」「ラケットあげたあとの錦織の超クールな顔」と反響が相次ぎ、もらった子供についても「最高の思い出になったでしょうね」「一生忘れられないよね」「うらやましすぎるぞ」などと、微笑ましい声が上がっていた。

 大きな後押しを受けながら自身初のウィンブルドン8強入りを決めた錦織。準々決勝では元世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。勝てば、日本男子では1933年の佐藤次郎以来、85年ぶりの快挙。さらなる勝利を届けるためにも、心優しき日本のエースは負けるわけにいかない。

THE ANSWER編集部

最終更新:7/10(火) 14:33
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。