ここから本文です

バルサ、移籍金52億円の6年契約でブラジルの新星を獲得。契約解除金は520億円

7/10(火) 9:00配信

フットボールチャンネル

 現地時間9日、バルセロナはグレミオからMFアルトゥールを獲得した事を発表した。

 今年3月にバルサはアルトゥール獲得のオプションを得る事で合意していた。バルサは今回このオプションを行使し4000万ユーロ(約52億円)の移籍金をグレミオ側に支払いアルトゥールと2024年までの契約を結んだ。

【動画】豚の頭が宙を舞う!バルセロナを激怒させた禁断の移籍とは…

 入団が決まったアルトゥールは「14歳で私を受け入れてくれたグレミオには感謝しなければならない。これは完全なお別れではなく、いつの日かまた戻って来きます。私とグレミオの歴史はこれで終わりではない」とコメントしている。

 なおバルサが移籍金を支払った事で2019年に加入するのではないかと思われていたアルトゥールだったが今夏から加わる事が決まった。またこの21歳に設定された契約解除金は4億ユーロ(約520億円)となっている。

 2016年にプロデビューを果たしたアルトゥールは中盤でプレーし正確なパスと労を惜しまない守備が特徴だ。また「ブラジルのイニエスタ」とも呼ばれており、今後長きに渡ってバルサの中盤を支えていく選手になるかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)