ここから本文です

英国人が皮肉を込めて、クロアチア代表モドリッチ選手の「髪型」を批判

7/11(水) 6:40配信

エスクァイア

「攻撃するところはそこ?」とちょっと笑ってしまいそうです。

イングランドは、コロンビア、スウェーデンに勝ち抜いて52年ぶり決勝進出をかけています。そして、クロアチアは、決勝トーナメントをデンマーク、ロシア戦をPKで勝ち抜いて初のベスト4へ。そんな「クロアチア×イングランド」は7月11日27時(日本時間)にキックオフ。

【 写真 】羨ましい…。W杯ロシア大会、選手の美しい妻&彼女カップル23組

 出場する選手たちは、世界各地区を勝ち抜けてきた選りすぐりの精鋭たち…サッカーのプレーはもちろん、それ以外のことだって注目が集まることは大会期間中は常となります。

 そんな中、英国人のファッション編集者は、(ちょっと皮肉も込めて!?)一歩引いた違う点に着目しました。そう選手のヘアースタイルにフォーカス。

「なんてどうでもいい着眼点」と読者の皆さまに一蹴されそうですが…、プレー以外にも目が行きがちとなるようで、ネット上でもしばしば話題にもなっています。

 そして対戦相手のクロアチア代表MFルカ・モドリッチ選手の髪型を分析しました。以下、英国人スタイル・エディターのマーレイ・クラーク氏によるコメントです。

「額の細いヘアバンドは90年代のベッカムでも似合っていませんでした。それに、2007年にマーキュリー・ ミュージック・プライズ賞授賞のロックバンド 『クラクソンズ(Klaxons)』のアルバムを聞いていた女子大生にさえ、似合っていませんでしたからね…」。

「ですので、現代においてもクールなはずがありません。モドリッチ選手には『もっといい髪型があるのになぁ』と、毎回思うのですが…」とクラーク氏。

ん…、確かにあんなにもスタイリッシュで美しいな妻がいるモドリッチ選手だけに、妻からアドバイスしてもらっても良いかもです。

最終更新:7/11(水) 6:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます

あなたにおすすめの記事