ここから本文です

宮崎あおい妊娠で生活に変化 マンション断捨離に家庭菜園も

7/11(水) 16:01配信

女性自身

7月3日、第44回放送文化基金賞贈呈式に出席した宮崎あおい(32)。ふっくらしたお腹には、昨年末に結婚したV6・岡田准一(37)との待望の第1子が――。

「相次ぐ映画出演で多忙を極める岡田さんですが、今秋の出産予定日近辺は“できるだけ彼女の傍にいて支えてあげたい”と周囲には余裕を持ったスケジュール組みをお願いしているとか」(映画関係者)

2人とも両親が離婚した苦い経験を持っているだけに、温かな家庭への憧憬もひと一倍強いようだ。

「現在、建設中の都内の新居は土地だけで約230坪。有名建築家に依頼した地上2階、地下1階で総額5億円と言われる超高級物件。2人の要望で木の温もりを活かした空間が特徴です」(宮崎の知人)

宮崎は、新居への引っ越しに向け、現在のマンションでは“断捨離”体制に入っているという。

「宮崎さんは読書家で、本棚には多くの本が並んでいるのですが、“もう必要ない”と思った本は思い切って手離すように。時間に余裕があったときはゴミ袋を片手に整理整頓。心が落ち着くように花を飾ってキレイな部屋を心がけていると聞いています」(前出の知人)

特に「生まれてくる赤ちゃんのために」と気をつけるようになったのが毎日の食生活だという。

「特にオーガニックや添加物の少ない食材を選んで購入しているそうで、それが高じて、ベランダに家庭菜園を作ったんですって。ベランダでつくったパセリに、玉ネギと皮をむいたトマトのみじん切りを合わせ、オリーブオイルと塩とレモンだけのシンプルな味付けで食べるサラダが大のお気に入りだそうです」(前出の知人)

宮崎は以前、理想の夫婦像について「信頼し合える、一緒にいて不安になることのない穏やかな生活が送れること」だと語っていた。穏やかな気持ちで出産を迎える準備が着々と進んでいるようだ。

最終更新:7/11(水) 17:14
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2838号・9月25日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

香川照之 自宅に泊まる交際4カ月の新恋人!
はるな愛 2億円店“異臭騒動”10日で閉店
佐々木蔵之介 50歳で終活開始、将来見直す