ここから本文です

<45歳で初産>ジャガー横田が語る、不妊治療とまさかの自然妊娠

7/11(水) 20:30配信

週刊女性PRIME

 不妊治療を乗り越え、45歳で初産を経験した女子プロレスラーのジャガー横田さん(56)に、不妊治療を始めてから現在までの悲喜こもごもを伺った。

【この記事のすべての写真を見る】

1回目の体外受精で失敗するも──

 ジャガー横田さんは2006年、45歳で長男の大維志(たいし)くんを出産した。いまや小学6年に成長したわが子を、「反抗期で、もう私の言うことを全然聞きません。最近は色気づいちゃって、眼鏡をコンタクトにかえたいなんて言い始めた」と苦笑いする。

 42歳で6歳年下の医師、木下博勝さんと結婚したジャガーさんは、1年あまりたっても子どもができなかった。

 病院へ行くと、不妊の一因とみられる大きな子宮筋腫が発覚。年齢的にも子どもを授かる確率は2~3%ほどなので、わざわざ手術しなくても……と言われたが、わずかな希望でも「出産の可能性はゼロではない」と筋腫を切除し、体外受精に臨んだ。

 1回目で願いが叶わず落ち込むが、次に向け身体を休めている間に、自分たちで排卵のタイミングに合わせたところ、妊娠した。

「まさかの自然妊娠! 奇跡だと思いました。検査薬を目をこすって見直して、主人は万歳してました」

 妊娠の結果に喜んだ夫は、不妊治療にもとても協力的だったという。

「主人が医師ということもあって知識も多少あり、心強かった。1度目の体外受精がダメだったとき、私が“ごめんね”と言うと、“なんで謝るの。夫婦の問題なんだから2人で乗り越えていこう”と言ってくれて感動しました。実際、彼の頭のなかではちょっと無理かなと思っていたらしいんですが、私には後ろ向きなことはいっさい言わなかった」

 そんなサポートを受けながら、妊娠中はストレスを感じないよう、自然体に過ごすことを心がけた。食べたいものを食べ、したいことをした。なんとプロレスの試合に出場したことも!

「妊娠発覚直後のタイミングです、試合に出るなんてバカですよね(笑)。でも、体外受精のときはすべて休んだのに結局、着床しなかった。休むと逆にストレスだし、調子が悪くなるような気がしたんです。

 プロレスは“親の死に目にも会えない”といわれるくらい厳しい世界。危ないときでしたが、“これを終わらせてから産休を取りたい!”って決めたんです」

1/2ページ

最終更新:7/20(金) 17:15
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/2号

特別定価410円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)