ここから本文です

イングランド代表にも"呪い"が!? ミック・ジャガーが過去に現地応援したチームが大変なことに【ロシアW杯】

7/11(水) 18:12配信

SOCCER DIGEST Web

準決勝は母国イングランドの応援に駆け付ける

ロシア・ワールドカップ準決勝・フランスvsベルギー戦の試合前、テレビ画面に大きく映し出されたのは、超が付く大物ミュージシャンだった。自他ともに認めるフットボール狂で、ローリングストーンズの伝説のボーカリスト、ミック・ジャガーそのひとである。
 
 ただ、その“呪い”を知る者は大いにザワついた。「いったいミックはどちらを応援しているの?」と。応援したほうがことごとく敗れ去る、戦慄のジンクスがあるからだ。
 
 現在ストーンズはワールドツアーを展開中。前日はポーランドで公演が行なわれ、ミックは満を持してロシア入りした。英紙『The Mirror』によれば、そもそもツアーの日程は大好きなイングランド代表を応援するため、試合日とかぶらないように組まれているという。それはグループリーグをはじめ、ノックアウトラウンド以降も試合がありそうな日は避ける徹底ぶり。4年前のブラジル大会でも同様だった。
 
 今回ふたりの息子とともにスタンドに現われたミックが、フランスとベルギーのどちらを応援したかは分からない。間違いないのは、水曜日のイングランドvsクロアチア戦を現地観戦するということだ。3月にはガレス・サウスゲイト監督と会食し、もし優勝したらメンバー全員を招待して盛大なパーティーを開かせてほしいと申し出ている。快進撃を続けるスリーライオンズを応戦する好機がようやく訪れたのだ。これを逃すはずがない。

【画像】「美人すぎる」「セクシーすぎる」ロシアW杯ビッグスターの妻&恋人たち

 
 さて、“呪い”の話に戻ろう。凄まじいエピソードのオンパレードだ。
 
 まず、1998年、2006年、2010年大会と、イングランド代表の「ラストゲーム」はすべて現地で応援している。ほぼピンポイントで向かった試合でことごとく敗退が決まっているのだからなかなかだ。英紙『Metro』によると、前回ブラジル大会はグループリーグで敗退したため現地観戦が叶わなかったが、イタリア戦とウルグアイ戦の前に選手たちに檄を飛ばすツイートを敢行。そのどちらの試合もイングランドは落とし、早期敗退を余儀なくされた。
 
 2010年の南アフリカ大会では、ラウンド・オブ16でアメリカvsガーナ戦を観戦。USAの野球帽をかぶり、友人であるビル・クリントン元大統領とVIP席に陣取ったが、アメリカは1-2の惜敗を喫する。愛するイングランドはドイツ相手に屈辱的な大敗を喫し、ブラジルの応援にも駆け付けたが、準々決勝でオランダの後塵を拝した。

1/2ページ

最終更新:7/11(水) 18:19
SOCCER DIGEST Web

あなたにおすすめの記事