ここから本文です

「年俸1億円以上」の会社役員がついに500人突破した背景

7/11(水) 7:00配信

現代ビジネス

外国人が高額化を牽引

 サラリーマン社長でも1億円以上の高額報酬が得られる時代に日本もようやく変わってきたようだ。

 東京商工リサーチが3月決算企業の有価証券報告書から抽出して集計した「報酬1億円以上」の役員は、240社538人と初めて500人を突破した。前年は223社466人だったので、前年を大幅に上回ったことになる。

 集計対象は2413社なので、ちょうど1割の企業で1億円の役員が存在することになる。

 かつては、創業社長や創業一族の役員、外国人経営者などが高額の報酬を得るケースがほとんどだったのが、ここへきて業績好調な企業では経営陣は1億円超えが当たり前になってきた。欧米に比べて日本の経営者の報酬は大幅に低いという、これまでの常識が大きく変わってきたことを示している。

 2018年3月期の役員報酬額でトップだったのは、ソニーの平井一夫前社長の27億1300万円。ソニーの業績を立て直した立役者で、報酬は前の年度の9億1400万円から大幅にアップした。今年の株主総会で会長に退いた。

 ソニーの有価証券報告書によると、平井氏の基本報酬は2億4400万円、これに業績連動報酬として6億4700万円、株式退職金として11億8200万円が支給された。さらにストックオプションが20万株、譲渡制限付き株式が5万株付与された。

 後任の社長になった吉田憲一郎氏の前年度報酬も8億9800万円と多額。基本報酬は8000万円だが、これに業績連動報酬が3億5800万円加わった。さらにストックオプション14万株、譲渡制限付き株式4万株が付与されている。

 東京商工リサーチによると、外国人はベスト10に5人と半数を占めた。そのうち3人がソフトバンクグループだった。ロナルド・フィッシャー副会長が20億1500万円で2位にランクイン。3位にはマルセロ・クラウレ副社長COO(最高執行責任者)が13億8200万円で、4位にはラジーブ・ミスラ副社長が12億3400万円で入った。

 5位は武田薬品工業のクルストフ・ウェバー社長で、12億1700万円と、前年度の10億4800万円から増加した。

 このほか、外国人では8位に、トヨタ自動車のディディエ・ルロワ副社長が10億2600万円で入った。ちなみに社長の豊田章男氏の年間報酬は3億8000万円だった。

 日本人よりも外国人経営者に多額の報酬を支払うのは、海外事業などを任せる経営者に有能な人材を確保しようと思えば、高額の報酬が必要になるため。報酬の「相場」に大きな開きがあるわけだ。

 もっとも、外国人だというだけで日本人よりも高額の報酬を支払うことには、日本人役員の間にも異論がある。結果的に日本人取締役の「相場」を引っ張り上げる効果を発揮していると言えそうだ。

 退職金を除外しても10億円近い年俸を支払うケースが日本企業でも今後増えてくる可能性がある。

1/2ページ

最終更新:7/11(水) 7:00
現代ビジネス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

「現代ビジネスプレミアム」

講談社『現代ビジネス』

月額1000円(税抜)

現代ビジネスプレミアムは「現代ビジネス」の有料会員サービスです。2万本以上の有料記事が読み放題!会員だけの特別記事も配信。豪華ゲストによるセミナーも開催中。

Yahoo!ニュースからのお知らせ