ここから本文です

「Jリーグ夢のBEST11」を海外選出 F・トーレスら助っ人集結、日本人選手も3人抜擢

7/11(水) 6:50配信

Football ZONE web

トーレスの鳥栖加入を受け、スペイン紙「AS」がJリーグを特集

 元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは10日、J1サガン鳥栖への移籍を発表した。スペイン紙「AS」は、Jリーグに在籍するビッグネームの”理想的ベストイレブン”を選出。夢のビッグネームトリオに加え、日本人選手も3人が名前を連ねた。

【写真】「日本へようこそ!」「ピッチで会おう!」と盟友にエール 元ドイツ代表FWポドルスキと若き日の“神の子”トーレスの“抱擁ショット”

 守護神は名古屋グランパスのオーストラリア代表GKランゲラクだ。2010年から5年間、名門ドルトムントに所属していたキャリアを持ち、日本代表MF香川真司ともチームメイトだった。

 最終ラインは3バック。ロシア・ワールドカップ(W杯)でも活躍した鹿島アントラーズの日本代表DF昌子源、浦和レッズの日本代表MF遠藤航、川崎フロンターレのDFエウシーニョが並んだ。

 中盤で登場するのが、ロシアW杯を終えてヴィッセル神戸に加入する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタだ。34歳となった今も世界最高峰に君臨する希代のゲームメーカーは、トーレスと同胞であり、親友としても知られている。そして、セレッソ大阪の元日本代表MF清武弘嗣、名古屋のブラジル人MFガブリエル・シャビエル、C大阪のMFソウザがイニエスタと中盤を組むことになった。

トーレス、ポドルスキの夢のタッグに、中盤にはイニエスタ

 3トップは強力な外国籍選手を選出。名古屋の元ブラジル代表FWジョーに加え、神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ。そして、移籍が決まったトーレスの組み合わせとなっている。トーレスは2010年南アフリカW杯、ポドルスキは2014年ブラジルW杯の優勝メンバーでもあり、豪華すぎるアタッカー陣となっている。

 世界でも名を馳せてきたビッグプレーヤーが次々と日本上陸。西野ジャパンがロシアW杯で日本に熱狂をもたらしたばかりだが、Jリーグの舞台でも過去最大の旋風が巻き起ころうとしている。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/11(水) 12:29
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事