ここから本文です

「すべてにおいて手本」「永遠に忘れない」 C・ロナウド退団、レアル同僚から惜別の声

7/11(水) 21:10配信

Football ZONE web

ユベントス移籍決定を受けて主将ラモスらが続々とメッセージ

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍決定を受けて、レアル・マドリードのチームメイトが惜別のメッセージを送っている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

【動画】C・ロナウド、「3億円超スーパーカー」の内外装を“チラ見せ” 車体サイドに刻印された「CR7」のオリジナルロゴ

 ロナウドはレアルに在籍した9年間で16個ものトロフィーを獲得。史上初の3連覇を含むUEFAチャンピオンズリーグ(CL)4度の優勝をはじめ、リーガ・エスパニョーラと国王杯、スペイン・スーパーカップをそれぞれ2度、クラブワールドカップとUEFAスーパーカップを3度制した。

 個人としても計5度のバロンドール受賞を経験しており、そのうち、2008年を除く4度の受賞は全てレアル在籍時のものとなった。16年に新設されたザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズにも2年連続で選出された。

 そんな栄光に彩られた日々を過ごしたスーパースターの退団が発表された後、レアルの同僚らは自身のツイッターでそれぞれの想いを綴っている。

レアルで9シーズンをともに過ごした“盟友”スペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、「クリスティアーノ。君のゴール、数字、一緒に勝ち取った勝利、その全てが物語っている。君にはレアル・マドリードの歴史に残る資格がある。ファンは永遠に忘れないよ。君と一緒にプレーできて嬉しかった。強いハグと幸運を!」と投稿。スペイン代表DFナチョ・フェルナンデスも、「君とこのユニフォームを着られたことが嬉しい。君は今も、これからもナンバーワンだよ。すべてのマドリードファンが、リーダーとして君を覚えている。幸運を祈る!」と綴った。

アセンシオら若手に与えた影響「一緒にプレーできたことは喜び」

 09年にマンチェスター・ユナイテッドからレアルに加入した時点でも、すでにスター選手としての地位を確立していたロナウドだったが、この9年間で絶対的な存在へと上りつめた。そしてその圧倒的なプレーや、ストイックに自己を磨き続ける姿は、他の選手にも大きな影響を与えており、レアルで飛躍を遂げ今やブラジル代表に不可欠な選手となったMFカゼミーロは、「君と一緒に学び、楽しみ、勝った。僕の友達よ、すべてのことに感謝する」とコメント。また次代のチームの中核を担う22歳のスペイン代表MFマルコ・アセンシオは、「一緒にプレーできたことは喜び。すべてにおいて手本だった」と記し、20歳のフランス人DFテオ・エルナンデスも「世界最高の選手の隣でプレーできたのはかけがえのない時間」と、“背番号7”は若手にも大きな影響を与える存在だったようだ。

 一時代の終焉を迎えた“白い巨人”。数多くのタイトルをもたらした絶対的エースの旅立ちに、誰もが感謝の言葉を記していた。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/11(水) 21:28
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新