ここから本文です

C・ロナウド獲得で波紋 ユベントス親会社の社員が怒りのストライキ「何億ユーロも浪費」

7/11(水) 23:28配信

Football ZONE web

移籍金146億円、年俸39億円の4年契約を結んだことに「フィアット」社の社員が激怒

 ユベントスはレアル・マドリードからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを移籍金1億1200万ユーロ(約146億円)で獲得。年俸3000万ユーロ(約39億円)の4年契約というメガディールとなったが、これにユベントスの系列企業でイタリア自動車大手「フィアット」の社員が激怒し、ストライキを宣告する事態に突入している。

【動画】C・ロナウド、「3億円超スーパーカー」の内外装を“チラ見せ” 車体サイドに刻印された「CR7」のオリジナルロゴ

「フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とCNHインダストリアルの労働者は巨大な経済的な犠牲を払い過ぎているのに、会社は選手一人の獲得に何億ユーロも浪費している。これは受け入れなれない」

 怒りの声明を発表したのは、労働組合「USB」だった。イタリア南部メルフィではフィアット社の社員がロナウド獲得に激怒し、7月15日から17日まで工場でストライキに打って出ることを発表した。

 FCA、CNH、そしてユベントスは、ユベントスのオーナーであるアニエッリ家が所有する持株会社エクソール社の系列企業となっている。社員は経済的に困窮であるにもかかわらず、33歳のストライカーに巨額の移籍金に加え、世界最高年俸で4年契約を結んだことに怒りを爆発させたのだ。

「我々は困難な時期にいると言われている。社会的なセーフティネットに依存する必要がある。新たなモデルを求めているが、一向にそれじゃやって来ない。労働者と家族は家計を緊縮し続けているが、会社はたった一人の人間に巨額の投資をすることを決めた。これは正しいのか? 数千人の家族が月の半ばまで持たないのに、一人の人間が数百万ユーロを手にすることは普通なのか?」

「この扱いの違いは受け入れることは絶対にできない」

 長引く不況に苦しんでいるイタリア経済。フィアット社の労働者も緊縮財政を強いられているが、系列企業のユベントスが合意したメガディールで“格差”が浮き彫りとなった。

「全ての従業員にとって、同じオーナーだ。この社会的に困難な状況で、この扱いの違いは受け入れることは絶対にできない。フィアットの社員は30年にわたり、会社の利益を築いてきた。その引き換えに、我々には悲惨な人生しかない。企業は将来的に数千人の人間の未来を保証するカーモデルを開発すべきで、一人の人間をリッチにさせるべきではない」

 近年、イタリアサッカーは凋落の一途を辿り、代表チームも60年ぶりにワールドカップ出場を逃すなど、かつて「世界最強リーグ」と呼ばれたセリエAには世界的なスーパースターが存在しなかった。そんななか、ロナウド獲得でイタリア中が湧いたが、フィアットの社員は怒りに打ち震えているようだ。

 フィアット社工場のストライキ突入は、英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」など海外メディアも報道。ロナウド移籍の余波は世界中に様々な形で広がっている。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/12(木) 0:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新