ここから本文です

指原莉乃、“気になる人”三四郎・小宮と新番組でタッグも「どうってことなかった」

7/11(水) 6:15配信

ザテレビジョン

7月16日(月)深夜にスタートする「HKTBINGO!~夏、お笑いはじめました~」(毎週月曜夜1:29-1:59、日本テレビほか)の初回収録が行われ、収録後にHKT48とMCに決定した三四郎が取材に応じた。

【写真を見る】爆笑する指原莉乃と松岡はなの笑顔がキュート過ぎる!

本番組は、アイドルバラエティーの登竜門「BINGO!」シリーズに初参戦のHKT48が、「お笑い賞レースの決勝進出」を最終目標に体当たりでお笑いを学ぶもの。

MCを務めるのは、HKT48とBINGO!初顔合わせとなる三四郎。今やバラエティーに引っ張りだこの指原莉乃も、進行を担当しつつ、漫才やコントなどに挑戦する。

指原は、この日の収録を終え「関東で放送されるHKT48の冠番組としては2年弱ぶりくらいですかね。久しぶりで、メンバーにも緊張感がありました。特に、今回、スタジオ収録に慣れていないメンバーも多かったので、どうなるかなと思ったんですけど、三四郎さんのサポートもあって、あっという間でした。

しかも、巻いて(=予定より早く)終わったんです! 楽しく巻いて終わるなんて最高のパッケージの番組だなと思いました! 笑いっぱなしの収録で楽しかったです」とご機嫌に振り返る。

さらに「今日は4本撮りと聞いてガンなえ(=すごい気分がなえること)だなと思っていたんですけど……」(指原)と素直に収録前の本音を告白し、笑いを誘う。

一方、小宮浩信は「収録は楽しかったんですけど、みんなに相方の名前(相田周二)を覚えてもらえたかな」と、小宮より知名度が劣る相田のことを心配。

また、今回の「お笑い賞レースで決勝進出」という目標について、小宮が「舞台の数をこなした方がいい。身内の中でウケていても仕方がないから」と真剣なアドバイスを送る一幕も。これには、HTK48のメンバーも真剣な表情で耳を傾けて、企画への本気度が伝わってくる。

実は収録冒頭、指原は、小宮について「気になる」と口にしていたが、4本の収録を終えた後の“思い”について聞かれると「収録始まっちゃうと、『どうってことない』みたいなところありますよね」とバッサリ。

1日もかからずにフラれた形となった小宮は「どういうことよ~!」とツッコミ。

指原によると「そのことで1本目の収録は少しいじられたけど、2本目以降まったく(番組的に)触れられなかったので、もう、なかったことになりました」と冷静に分析。小宮も「それは俺も思ったよ……」とションボリしつつ、2人の感性が近いことが明らかになった。

そんなバラエティーに鋭い視点を持つ指原と三四郎を中心に、“本気”で笑いを学ぶHKT48の奮闘は、応援したくなること間違いない!(ザテレビジョン)

最終更新:7/11(水) 12:40
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月18日

定価:370円