ここから本文です

西日本の看板女子アナ「童顔がかわいい」「知的で華やか」など

7/12(木) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 各県にある地方テレビ局には、キー局のアナウンサーを凌ぐ人気を誇るローカルアナが存在する。

 本誌・週刊ポストは、キー局が集中する東京都とローカル局のない茨城県を除く45道府県の男性にアンケートを実施し、「1番好きな女子アナ」を調査した。その結果から、西日本で選ばれた“おらが県”の看板女子アナ5人とその評価の声を紹介する。

【島根県】松岡史子アナ(日本海テレビ放送)
「報道部の記者としてニュースを伝える様が美しい。知的で華やか」(62歳)
「ミス同志社だけあって美しい」(70歳)

【広島県】大重麻衣アナ(広島ホームテレビ)
「カープ愛がある」(43歳)
「野球番組だとイキイキしてるところ(笑い)」(50歳)

【佐賀県】花田百合奈アナ(サガテレビ)
「声からスタイル、顔、性格まで完璧」(53歳)
「佐賀には何もないが花田アナがいる」(53歳)

【鳥取県】山下桃アナ(山陰中央テレビジョン放送)
「物腰が柔らかで好感が持てる」(41歳)
「鳥取弁が可愛い」(38歳)

【沖縄県】金城わか菜アナ(沖縄テレビ放送)
「童顔なところが可愛い」(30歳)
「元気があって、見てるこっちも元気になる」(32歳)

※週刊ポスト2018年7月20・27日号