ここから本文です

内藤祐希と佐藤南帆は8強入りならず、ダブルスで初戦突破 [ジュニアテニス]

7/12(木) 9:00配信

テニスマガジンONLINE

「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の大会9日目、ジュニアの部の本戦4日目は男女シングルス3回戦と男女ダブルス1回戦残り試合が行われた。

ウインブルドン2018|トーナメント表

 女子の日本勢は、内藤祐希(TEAM YONEZAWA)と佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)がシングルス3回戦に臨んだが、第9シードの内藤が予選勝者のレオニー・キュング(スイス)に3-6 3-6で、第12シードの佐藤はビクトリヤ・デマ(ウクライナ)に6-2 5-7 4-6で敗れ、8強入りはならなかった。

 ダブルスでは、第6シードの内藤/佐藤がエリナ・アバネシヤン(ロシア)/カイサ ウィルダ・ヘンネマン(スウェーデン)を6-0 7-6(5)で下して初戦を突破した。ふたりは6月の全仏ジュニアで決勝まで勝ち進み、準優勝を果たしている。

 内藤/佐藤は2回戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)のビクトリア・アレン/デスティネ・マーティンス(ともにイギリス)と対戦する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

■ジュニア女子シングルス3回戦|日本人選手

●56内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[9] 3-6 3-6 ○50レオニー・キュング(スイス)[Q]

●25佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[12] 6-2 5-7 4-6 ○29ビクトリヤ・デマ(ウクライナ)

■ジュニア女子ダブルス1回戦|日本人選手

○16内藤祐希/佐藤南帆(TEAM YONEZAWA/有明ジュニアテニスアカデミー)[6] 6-0 7-6(5) ●15エリナ・アバネシヤン/カイサ ウィルダ・ヘンネマン(ロシア/スウェーデン)

■ジュニア女子ダブルス2回戦 組み合わせ|日本人選手

16内藤祐希/佐藤南帆(TEAM YONEZAWA/有明ジュニアテニスアカデミー)[6] vs 13ビクトリア・アレン/デスティネ・マーティンス(イギリス)[WC]

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)