ここから本文です

中国の#MeToo運動は、「絵文字」を駆使して政府の検閲を回避する

7/12(木) 20:15配信

WIRED.jp

中国で女性の権利を訴える活動家たちのSNSアカウントが停止される“事件”が起きた。中国で高まるフェミニズム運動を押さえつけようとする政府の動きと見られているが、これに対してネットユーザーたちはSNSで絵文字を使うことによって検閲の目をくぐり抜けようと試みている。茶碗+ウサギ、アルパカ、クマのプーさん──。政府とネットユーザーの間で繰り広げられるいたちごっこは、中国社会に変革をもたらすのか。

社会運動のうねりは地方まで届くのか

3月8日の「国際女性デー」の直後、中国で人気の短文投稿サイト「新浪微博(ウェイボ)」で「女権之声(Feminist Voices)」というアカウントが停止される騒ぎがあった。女権之声のフォロワーは18万人を超え、中国で女性の権利を訴える活動家たちにとって最も重要な発言の場だった。

ウェイボのアカウント停止の数時間後には、メッセージアプリ「WeChat(微信)」の女権之声に関連するアカウントも使えなくなった。サーヴィスの利用が禁止された理由は、公式には「規約に違反するコンテンツがあったため」という曖昧なものだったが、この措置が暗示するメッセージは明白だろう。女性の権利を訴える声が、中国政府の監視の目に引っかかったのだ。

女権之声が政府からの検閲を受けるのはこれが初めてではない。昨年には、「不適切な投稿」があったためにウェイボのアカウントが1カ月にわたって停止された。

「素敵なカーニヴァル」という儀式

あとから考えれば、ここには警告の意味合いもあったのだろう。『Betraying Big Brother: The Feminist Awakening in China』の著者リタ・ホン・フィンチャーは、「今回は無期限の停止ですから、より深刻です」と説明する。

アカウント停止から数日後、カラフルな服を着て覆面をした女性たちが女権之声の“葬式”を執り行い、その“死”を悼む写真がネットに出回った。女性たちのリーダーの呂頻(ルー・ピン)はツイッターで、これは葬儀ではなく「素敵なカーニヴァル」なのだとつぶやいた。

女権之声は必ず復活する。アメリカを拠点とする呂は、「あらゆる法的手段を用いてアカウントを再開させてみせる」と誓った。

女権之声は09年に活動を始め、10年にはウェイボのアカウントを開設した。今回のアカウント停止は、国内で高まるフェミニズム運動を押さえつけようとする中国政府(とその要求に盲目的に従うプラットフォーム運営者)の試みのひとつだ。インターネットやソーシャルメディアが普及するにつれ、中国でも都市部や大学などを中心に、男女格差や差別の問題を訴える声が高まっている。

フィンチャーは「こうした活動は大規模なものになる可能性があり、共産党の一党支配にとって脅威とみなされます」と指摘する。しかし、若く活動的な中国のフェミニストグループは、記号学的な創造性を駆使して政府の検閲の一歩先を行く道を見つけている。

1/3ページ

最終更新:7/12(木) 20:15
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.30』

コンデナスト・ジャパン

2017年12月9日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.30「Identity デジタル時代のダイヴァーシティ 〈わたし〉の未来」+ 別冊付録「未来のモビリティは、すでにここにある」

Yahoo!ニュースからのお知らせ