ここから本文です

認知症を防ぐ睡眠術 米最新研究で「睡眠不足はリスク増」判明【全文公開】

7/12(木) 5:00配信 有料

文春オンライン

認知症を防ぐ睡眠術 米最新研究で「睡眠不足はリスク増」判明【全文公開】

認知症を防ぐ睡眠術 米最新研究で「睡眠不足はリスク増」判明【全文公開】

 徹夜をしたり夜更かしを続けると、脳に老廃物が溜まり、認知症のリスクが高まる――そんな研究結果が明らかになった。十分な睡眠は大事だが、専門家によれば、疲れたからといって、早く床に就きすぎるのも脳には良くないという。高齢者必読の「正しい睡眠術」。 本文:3,928文字 写真:9枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年7月19日号

最終更新:9/13(木) 14:40
記事提供期間:2018/7/12(木)~2019/3/9(土)
文春オンライン

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)