ここから本文です

性別で違う?猫のオスとメス、それぞれの人とのコミュニケーション

7/13(金) 12:05配信

ねこのきもち WEB MAGAZINE

性別で違うオス・メスそれぞれの性格や接し方

猫は性別によって性格が違う傾向にあります。もちろん個体差はありますが、性別差からくる基本的な習性から、大体の性格も二分されるようです。ここではオスとメスの人との接し方の違いや、人にこうして欲しいと求めるものについて解説します。

メスは『ツンデレ』

表面的にはツンツンとした敵対にも取れる態度を見せながら、何かのタイミングでその反対の、デレデレで好意的な態度に変わる『ツンデレ』。猫のメスはまさにこのツンデレ系と言われる性格をしており、いつでもウェルカムなわけではなく、ときにつれないとさえ感じるときがあります。

しかし何かのタイミングで自分から甘えたいときは、つれない態度が嘘だったかのように、ゴロゴロ言いながらスリスリしたり、コロンとお腹を見せて甘えてみたりと、まさにデレデレな態度になるのです。この小悪魔的なギャップの魅力にやられている飼い主さんも少なくないはず。

子どもを守る本能が関係している?

メスは子供を守るという本能から、オスよりも警戒心が強い性質を持っています。それゆえ、新しい人や物、場所なども、最初のうちは警戒しながら近づきます。一方で、その対象が安全だとわかった場合は、特別の信頼を寄せてくれる一面も。

そして身を隠すことのできる所を好む傾向にあり、人にアピールするときも、遠くから見つめていたり、遠くでお腹を見せてアピールしていたりと、気づかなければ見落としてしまうくらいの行動を取ります。「気づいたら近くにチョコンと座っていた」なんてことも、メス猫を飼っている飼い主さんは心当たりがあるのではないでしょうか? 

メスが人に求めるのは、静かな場所の確保と、清潔に保てるようにブラッシングなどのお手入れをしてあげること。しかしメスはマイペースなので、過度にやると嫌がる場合もあるので注意が必要です。

オスは『デレデレ』

オスは何と言ってもメスと正反対で『デレデレ』な性格、いわゆるいつでも好意的な態度の子が多いです。猫ならではのマイペースさはあるものの、呼んだら寄ってきたり、こちらの持っているものに常に興味を持ったりと、ストレートな感情表現で積極的です。甘えたいと思ったらすぐに膝に乗ってきたり、「にゃーん」とアピールしたりと、友好的な子が多い傾向にあります。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ねこのきもち

株式会社ベネッセコーポレーション

最新号を毎月10日前後に
ご自宅にお届けします

1,111円

愛猫との関係、健康など、役立つ情報満載。
調べてもはっきりしなかった疑問に専門家が回答!
雑誌&付録を毎月ご自宅にお届けします。