ここから本文です

盗まれたビットコインを追跡するヒント

7/13(金) 8:11配信

WIRED.jp

ビットコインのブロックチェーンは、変更不可能な証拠を残す。それらは数千ものコンピューターに保管され、過去に行われたビットコインの取引を証明するのだ。

ブロックチェーンはあらゆる問題の解決にはならない

この分散された台帳に記録される取引のなかには、犯罪によるものも数多く存在している。数十億ドルの盗まれた資金や闇取引、身代金の支払いが、特定できないビットコインアドレスによって隠され、多くの場合はマネーロンダリングに利用されている。

ケンブリッジ大学のサイバーセキュリティ研究グループは現在、正規のビットコインからこれらの不正なコインを特定する方法の開発に取り組んでいる。新しい技術や犯罪捜査の手法は一切使わず、その代わりにブロックチェーンを異なった角度からとらえるのだ。まるで19世紀初期の英国裁判官のようなやり方によって。

2018年3月に発表された論文を通じてケンブリッジ大学のチームは、ブロックチェーンのなかの「違反」コインを追跡する新たな方法を公表した。なかでも盗まれたり、被害者から不正に奪われてからいくつもの取引を経由して入手源を隠そうとしているものの追跡についてだ。

偽アドレスの向こう側に隠されたビットコインの入手元を特定できる新しい捜査技術を導入する代わりに、彼らは不正コインを構成する要素を再定義した。それは1816年の英国の判例に基づくもので、彼らはビットコインアドレスから最初に出て行ったコインと最初に入ってきたコインを同じものとみなす。

そこにはそのコインの犯罪歴がすべて記録されている。コインが誰かに盗まれた場合、複数のアドレスを通り抜けたとしても、所持者は返還を要求できる。

ケンブリッジ大学の研究者らは概念実証ソフトウェアの暗号化を始めている。2018年後半に彼らはこのツールを公開する予定だ。すでに知られているビットコイン盗難の実例から始め、このツールはコインが数年にわたってブロックチェーンを移動していたとしても、理論的にはブロックチェーンをスキャンして「汚染」されたコインを特定できるという。

「このソフトウェアを使えば、自分のビットコインを過去に所有していたのがロス・ウルブリヒトだったのかマウントゴックスだったのかがわかります」と、ケンブリッジ大学のコンピューター科学教授で研究グループを率いるロス・アンダーソンは説明する。

彼が指しているのは、ビットコインとドラッグのマーケットだった闇サイト「Silk Road」の有罪判決を受けた運営者と、2014年に85万ビットコインの盗難によって破綻した最初の大手ビットコイン取引所「マウントゴックス」のことだ。

「わたしたちが提供するのは、仮想通貨を通じて盗まれた財産の追跡を行う、これまでよりとても優れたソフトウェアです。これはドラッグマネーやマネーロンダリングの取引にも対応できます」

1/4ページ

最終更新:7/13(金) 8:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.30』

コンデナスト・ジャパン

2017年12月9日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.30「Identity デジタル時代のダイヴァーシティ 〈わたし〉の未来」+ 別冊付録「未来のモビリティは、すでにここにある」