ここから本文です

バルセロナ、47億円で仏若手CB獲得。契約解除金は390億円

7/13(金) 7:02配信

フットボールチャンネル

 バルセロナは12日、セビージャからDFクレマン・ラングレを獲得したことを正式に発表した。

【動画】豚の頭が宙を舞う!バルセロナを激怒させた禁断の移籍とは…

 ラングレは世代別のフランス代表を経験している23歳。5月にバルセロナ行きが確実となったことが報じられていたが、このたび正式発表を迎えている。

 バルセロナはクレマンの契約解除金3590万ユーロ(約47億円)を満額支払って引き抜き、2023年までの契約を交わすことで合意した。契約解除金は3億ユーロ(約390億円)に設定される。

 ラングレは現地時間12日夜にカンプ・ノウでフォトセッションを済ませ、13日に契約書へのサインを行う予定だ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事