ここから本文です

恐ろしい統計データ。イングランド、勝っても負けても犯罪増加…特にDVは深刻【ロシアW杯】

7/13(金) 8:22配信

フットボールチャンネル

【クロアチア 2-1 イングランド ロシアワールドカップ準決勝】

 ワールドカップ期間中、イングランド国内でDV(ドメスティック・バイオレンス)が大幅に増加していたと、12日に英紙『デイリー・メール』やクロアチアメディア『vecernji』などが報じている。

【2018年ロシアW杯】決勝トーナメント日程・結果

 勝利したスウェーデン戦後に家具量販店「イケア」でフーリガンが暴れたり、タクシーなどが破壊されるなど、器物損壊による犯罪行為が問題となっていた。いずれも、現地ではなくイングランド国内。同紙によると、それ以上にDVが深刻だという。勝利するとDVによる被害が26%増加し、負けると38%増加するという統計データがあるようだ。

 イングランド敗退後にロシアのスタジアムでは涙を流すサポーターもいたが、イングランド国内においては、もはやサッカーファンではなく、サッカーの試合結果に便乗してストレス発散のはけ口にする人がいると言えるかもしれない。

 7月においては、平均600件を大幅に超える3500件以上の報告があったとのこと。DVなどの事件が増加する原因は、アルコール摂取とアドレナリン増加によるテストステロンレベルの急上昇と言われている。イングランド代表が決勝進出を逃した日には、警察の要請により「アルディ」や「モリソンズ」といった大手スーパーマーケットで酒類の販売を停止していた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)