ここから本文です

サッカーのPKは、こうすれば成功率が劇的に上昇する

7/15(日) 12:13配信

WIRED.jp

近代サッカーの歴史上、初となるペナルティーキック(PK)が与えられたのは、1891年2月14日のことだった。ノッツ・カウンティとストーク・シティの戦いとなったFAカップの準々決勝で、カウンティのディフェンダーが相手のシュートを手で止める場面があった。

PKの成功率が劇的に上昇する方法とは

ストークはゴールのすぐ近くでフリーキックをするチャンスを得たが、ゴールキーパーはキッカーの正面に立ちはだかってこれを防ごうとした。現在とはルールが異なりキーパーの立ち位置はどこでもよかったため、キッカーは目の前にいるキーパーに向かってまっすぐにボールを蹴ることしかできず、もちろんシュートは止められてしまった。

これを受けて、4カ月後にグラスゴーで開かれた国際サッカー評議会(IFAB)の総会で、アイリッシュ・フットボール・アソシエーションがPKをめぐる競技規則に関する動議を提出した。ここで定められたルールにより、その後100年以上にわたって続く感動と苦悩のドラマが幕を開けたのだ……と、言って構わないだろう。

このときに決まったルールでは、PKを行うプレーヤーは「ゴールラインから12ヤード(約10.97m)離れていればどこからでもボールを蹴る」ことができ、キーパーはゴールから6ヤード(5.48m)までは前に出ることが許されている。これが年月をかけて調整され、批判はあるものの現在のPKの方式が固まった。

PKの距離が「12ヤード」になった理由

一方、PK戦はワールドカップ(W杯)では1978年から採用され、前回のブラジル大会まで含めて全部で26回行われている。PK戦に限らず、PK全般の成功率は平均して70パーセント程度だとされるが、これはW杯でのPK戦の過去の成績(240本中170本が成功)と完全に一致する。

しかし、なぜ12ヤードなのだろう。答えは単純で、1891年にそう決まったからだ。そして、130年近くもルールが変更されていないのは、12ヤードという長さが成功率7割という完璧なドラマを演出するのに絶好の距離であるからだろう。

ゴールラインまでの距離を変えれば、当然、成功率が変わってくる。

ゴールの左右どちらかの上の角に向かって、時速80マイル(128.7km)のスピードで放たれたシュートを考えてみよう。ジョン・ウェッソンの著書『The Science of Soccer』によれば、ボールが完全に狙い通りの場所に飛べば、ゴールからの距離が35ヤード(32m)でもシュートが決まる可能性はある。

一方、シュート距離が10ヤード(9.14m)より短くなると、成功率は右肩上がりになる。3ヤード(2.7m)ならほぼ100パーセントだ。ルール制定時にこうしたことが知られていた可能性は低いため結果論ではあるにしても、12ヤードはPKに最適なのだ。

この距離なら、キッカーのシュートの才能と、ゴールキーパーの予測と機敏な動きがちょうど拮抗する。一方で、W杯のPK戦における240本のシュートのうちキーパーが阻止できたのは49本だ。うち24本はゴールの左、25本は右を狙ったものだった。

1/3ページ

最終更新:7/15(日) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.30』

コンデナスト・ジャパン

2017年12月9日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.30「Identity デジタル時代のダイヴァーシティ 〈わたし〉の未来」+ 別冊付録「未来のモビリティは、すでにここにある」

Yahoo!ニュースからのお知らせ