ここから本文です

【祝】ジャスティン・ビーバーがヘイリー・ボールドウィンと婚約!

7/15(日) 23:20配信

エスクァイア

 複数の海外メディアによると、ジャスティンに近い情報筋が、『People』、「TMZ」、『CNN』などのメディアに、2人の婚約を認めました。報道によると、2018年7月7日(現地時間)にバハマでデートを楽しんでいた際、ジャスティンがヘイリーにプロポーズしたと伝えられています。

 この報道が拡散されるやすぐにSNSでもこの話題でヒートアップ。時を同じくして、ジャスティンの両親も意味深なメッセージをそれぞれのSNSに投稿し、世界中をザワつかせているのです…。父ジェレミー・ビーバーは「@justinbieberを誇りに思うという表現では表し切れない。次なる章が楽しみだ!」というメッセージを投稿しています。

《 写真 》不動の人気を誇るジャスティン!2009年から彼が歩んだ変遷をプレイバック

 また、ジャスティンの母パティ・マレットは「Love Love Love Love Love Love Love.」とツイート。
 
 さらに、ヘイリーの父で俳優のスティーヴン・ボールドウィンも「僕はいま最高の笑顔だよ! 僕と妻のケニアはいつも神に祈ってきた!! 彼はJB(ジャスティン)とHB(ヘイリー)の心を動かしてくれた。2人とも、愛しているよ!!! おめでとう!」と、お祝いのツィート。しかし、メッセージはその後削除されています。

 ジャスティンとヘイリーは、2014年頃からたびたび親密な姿を報じられるも、それぞれロマンスの可能性を否定。その間、ジャスティンは数多くの女性と浮名を流したほか、セレーナ・ゴメスと復縁し“ジェレーナ復活!” でファンを歓喜させたことも。一方のヘイリーもショーン・メンデスと交際の噂がありました。
 
 ところが2018年6月上旬頃から再び急接近。
 
 もっとも、当時2人に近い関係者が『People』誌に語ったところによると、「ジャスティンはシングルで、誰とも真剣にはつき合っていない。元気にやっているよ。ヘイリーとはもう何年も知り合いだよ。ジャスティンの教会にも深く関わっているし。ジャスティンはヘイリーとただ一緒にいるのが好きなんだ。彼女は素敵な人だよ。ふたりは一緒にいるのが楽しいだけで、交際はしていない。シングル同士が一緒の時間を楽しんでいるだけ。セレーナとはもう連絡をとっていないし、彼はそれで問題なさそうだよ」と、あくまで友達関係であることを主張していたのです。
 
 しかし、この1カ月の間に一緒にいる密な時間が増え、関係が深まり急展開! 婚約から電撃ゴールインまでサプライズ報告もありえそうな予感だけに、今後の動きからも目が離せませんが、ひとまずハッピーなジャスティン&ヘイリー、おめでとう!!

最終更新:7/16(月) 0:40
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます