ここから本文です

【35歳からの婚活】運命のパートナーと出会うために有効な5つの方法

7/16(月) 7:31配信

@DIME

 オトナの女性の婚活を応援する【35歳からの婚活】シリーズ第三弾! 今回も恋愛&婚活のスペシャリスト、婚活サロン「ロータスマリッジ」代表の中村りょうこさんにお話を伺っていきます。

 悩める婚活女性が気になるのは、「一体どこで運命の相手と出会えるの!?」というところではないでしょうか? そこで、中村さんに運命のパートナーと出会うために有効な方法TOP5を教えていただきました。

1.やっぱり固い! 友人、知人からの紹介

 良縁に繋がる可能性が一番高いのは、友人や知り合いからの紹介です。

「自分やお相手の人となりをわかっている方からの紹介なので、価値観や求めている人物像とお相手が大きく異なることが少ないですね。しかし、お願いする相手が身内の場合は『良い人がいたら紹介して!』と大ざっぱに頼みがちですが、良い人というのは人によって違います。なるべく具体的にどんな人を紹介して欲しいのかを伝えるようにしましょう。」(中村さん)

 実際に、友人などの紹介から交際をスタートするカップルは多いですよね。ただ、徐々に紹介自体が減ってきてしまうというのが35歳からの婚活の辛いところ。少しでも紹介を増やせるよう、友人との付き合いを増やしたり、人脈を広げたりする努力が必要かもしれません。

2.結婚相談所は良質な出会いの宝庫!

 そして次に固いのが、やはり結婚相談所です。

「『知人から紹介してもらいたいのは山々だけど、周りは既婚男性ばかり! 独身男性なんて、いったいどこにいるの!?』 とあきらめている方も多いですよね。そんな方のために結婚相談所があるんです! 当然ですが、結婚相談所には独身の方しかいませんし、最も重要なのは、相手に結婚願望があるということ。出会える確率はかなり高くなります。」(中村さん)

 結婚相談所というと、少し前までは“結婚できない人が登録するところ”というネガティブなイメージがあり、自ら参加する勇気が出ない方も多かったと思いますが、今は真剣に結婚したい人が登録するところになっています。確実に独身で、結婚願望のある人しかいない集まりなんてほかにはまずありませんので、出会いの宝庫と言えますね。

 また、友人からの紹介に比べれば親密度は劣るかもしれませんが、親身な仲人さんについてもらえれば、理想に近いお相手を紹介してもらえる可能性は高いですし、紹介の幅も一気に広がります。

3.出会い系サイトやアプリも侮れない!

「出会い系アプリで出会う方も最近は増えていて、侮れません! ただ、お相手との間に人が入っていないので、お相手がどんな人なのか、本当の姿がわからないという不安が残ります。」(中村さん)

 実際に、筆者の周りの友人にも出会い系アプリで出会ってお付き合いしたり、結婚したりしているカップルが何組もいます。ただ、2人目で今の彼に出会えたという運の良い人もいれば、数えきれないほどたくさんの人とメールのやりとりをしたり会ったりしても良い出会いがなく、「もう疲れた……」とやめてしまった人もいます。

 アプリでは、登録のプロフィールが嘘であったり、マルチ商法などの勧誘目的であったりする可能性もあるので注意が必要です。

 とはいえ、ネット上なので効率が良く、費用もあまりかけずに出会いの幅はかなり広がりますので、出会いの方法として無視できないツールです!

4.理想の男性が居そうな場所に通う!

「自分が出会いたい男性はどういう所にいるだろう? と想像力を働かせて、理想の男性が居そうな場所に行くというのはとても有効です。リサーチ能力と想像力が重要!」(中村さん)

 交際に発展しやすいのは、気が合う相手。もしスポーツができる男性が好きなら、スポーツの場に行くこと! でも、例えばヨガが好きだからとヨガスタジオにばかり通っていても男性との出会いは増えませんよね。体を動かすことが好きなら、女性でも入れるフットサルチームに参加するなど、自分の趣味の中でほかの方法を探しましょう。

 普段行く飲食店も、カフェや女子会向けのお店ではなく、理想の男性が居そうなお店に通うようにします。

 出会いたいのであれば、「出会いたい男性が好きそうな趣味の場に参加してみる!」「出会いたい男性が居そうなお店に行く!」という積極性が何より大事。

 もし、その場に行くのが気後れするようなら、実はその男性は自分には合わない“根拠のない理想”なのかもしれません。

5.周りのカップルの出会いをリサーチしまくる!

「周りでパートナーのいる人に、どう出会ったのかを聞きまくるのもおすすめです。出会いには、人それぞれあらゆるパターンやシチュエーションがあります。いろいろな人の話を聞いて『いつどこで出会いがあるかわからない!』ということを知れば、出会いに対するセンサーが常に働くようになります。そして、そのためにいつ出会ってもOKな自分でいることも大切です!」(中村さん)

 人の出会いは千差万別。後から考えれば奇跡的な偶然!なんていう出会いも数多くあります。そんな出会いのパターンをたくさん聞いておくことで、どこかに転がっている出会いのタネを見逃すことなく良縁に繋げることができるかもしれません。

 以上、5つのうちどれくらい皆さんは実践していますか?

 35歳からの婚活では、10代、20代のように待っているだけではなかなか出会いの数を増やすことができません。 自分自身の希望をしっかり確認した上で、「積極的に出会いに行く」という姿勢が何より重要なのかもしれませんね!

文/suzuco

@DIME編集部

最終更新:7/16(月) 7:31
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2018年11月号
9月15日発売

定価700円

特別付録 コーヒーカップスリーブ
スマホの強化書2019
秋の家電新製品評価テスト
こだわりのコーヒー学

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)