ここから本文です

高級スーパーで目撃! つんく♂とバイリンガルな子供たち

7/16(月) 7:01配信

FRIDAY

 6月下旬の夜7時半過ぎ。麻布十番商店街(港区)の高級スーパーに子供の元気な声が響き渡った。

 声がするほうを見ると、そこには、3人の子供たち&妻と一緒に歩くつんく♂(49)の姿が。

 喉頭がんを患(わずら)い、声帯を摘出してから4年。メディアへの露出はあまり多くないが、元気そうである。

 一番下の女の子が「パパ~」と声をあげると、つんく♂は身をかがめて耳を娘の顔に近づけていた。

「つんく♂は、一昨年、家族とともにハワイに移住。仕事の時など、定期的に日本に戻っているそうです。子供たちは日本に住んでいたときからインターナショナルスクールに通っていたこともあって、現地の生活にもすんなり溶け込めたそうですよ」(レコード会社関係者)

 どうりで子供たちは、子供同士で話すときは英語、つんく♂にお菓子をおねだりするときは日本語ときちんと使い分けている。

 父親として、生きるために声帯摘出手術を決意したというつんく♂。その温かいまなざしには、子供たちへの愛が溢れていた。

最終更新:7/16(月) 13:04
FRIDAY

Yahoo!ニュースからのお知らせ