ここから本文です

漫画が上手で「プロになるの?」と問われる女性描く漫画 たどり着いた答えが「心に刺さった」

7/16(月) 8:10配信

オトナンサー

 漫画家になるとはどういうことなのかを考察した漫画が、SNS上で話題となっています。学生時代に「絵がうまい」「漫画家になれるよ」と友人に言われた女性。漫画家の道が過酷であると分かっていたので、プロになるとは気軽に言わないと決めていましたが…という内容で、SNS上では「心に刺さった」「感動した」「プロで食っていくのは難しい」などの声が上がっています。漫画の作者に聞きました。

【漫画】本編を読む

新作漫画のヒットを目指す

 この漫画を描いたのは、小雨大豆(ペンネーム)さん。7月11日に「学び生きるは夫婦のつとめ」(星海社COMICS)を発売しました。

Q.漫画家としてデビューしたのはいつですか。

小雨さん「24歳の頃だったかと思います」

Q.この漫画を描いたきっかけは

小雨さん「以前、『漫画家になるとはどういうことなのか』を考えてみたことがありました。自分が考えたことを漫画にすれば面白いと思って描いてみました」

Q.普段は液晶タブレットを使って漫画を描いているのですか。

小雨さん「いいえ。ペンタブレットを使って描いています。液晶タブレットよりも作業スピードが早いためです」

Q.読者からはどのような意見が寄せられていますか。

小雨さん「過去に作品をニコニコ動画で掲載していたため、辛らつな意見が多く来ると思っていたのですが、ツイッターの皆さんは優しい意見が多くとてもうれしいです」

Q.今後の目標はありますか。

小雨さん「最近発売した『学び生きるは夫婦のつとめ』を重版にしたいですね」

報道チーム

最終更新:10/12(金) 13:17
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい