ここから本文です

14歳・中井卓大、シュート力強化に着手 プロ意識に恩師感嘆「驚くほど意識が高い」

7/16(月) 16:45配信

THE ANSWER

日本の課題「シュート力強化」へ肉体改造、木場トレーナー「自分からリクエストあった」

 サッカーのスペインリーグの名門、レアル・マドリードのカデーテB(U-15)に所属する14歳・中井卓大は22年ワールドカップ(W杯)カタール大会の星の一人として期待を集めているが、来季の課題として日本サッカー界の長年の課題である「シュート力アップ」を掲げ、肉体強化をスタート。中学3年生にして強烈なプロ意識を披露し、恩師を感嘆させている。

【画像】中井卓大、W杯を沸かせた「世界のイヌイ」をもう超えた!? お隣よりすっかり大きく…乾貴士が公開した「ピピ君」との2ショット写真

「ピピ(中井の愛称)は成長期ですが、順調にフィジカル面も伸びています。体幹をしっかり鍛えることができているので、レアルでも対戦相手の体の大きな選手と競り合っても当たり負けしないと話していました。今回は自分から『強いシュートを打てるようになりたい』とリクエストがありました」

 こう語ったのは、プロトレーナーの木場克己氏。体幹・体軸・バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオデジャネイロ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)、サッカーの日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)らトップアスリートの専属トレーナーを務め、JP日本郵政女子陸上部をアドバイザーとして指導。16年に創部3年目にしてクイーンズ駅伝優勝に導いたスペシャリストだ。

 レアルの下部組織では中盤で活躍する中井。ブラジル代表DFマルセロも驚嘆したほどのドリブル、サッカーIQの高さを示すスマートなパスはスペインでも高い評価を手にしているが、新たに取り組んだのは決定力。シュート力の強化だという。

「ドリブルやパスは元々できているという意識が彼の中にあります。シュートの際に強いインパクトを生み出せるメニューを5つ用意しました。毎朝、取り組んでいるメニューに組み込みました」

「驚くほど意識が高い」と感嘆「自分の伸ばすべきところを理解して、はっきり言える」

 9日、都内で中井に90分間のトレーニング指導を行った木場氏はリクエストに応えた。特性ゴムチューブを使用し、体の軸がぶれないように、サイドステップを踏む「2ステップ・アンド・1ステップ」などのシュート力増強メニューを用意した。

 これは長友も取り組んでいたメニューという。「レアルの下部組織や対戦相手にもすごい若手がいる中で、自分の伸ばすべきところを理解して、はっきりと言えている。中学3年生ですが、驚くほど意識が高いですね」。様々なトップアスリートを指導する木場氏も14歳の絶大なプロ意識に感嘆していた。

 W杯ロシア大会で本田圭佑、香川真司らを擁する日本は16強で散ったが、10月に15歳となる中井は次大会以降のサムライブルーを担う期待の星。決定力、そして、シュート力という部分は日本サッカー界が長年抱える課題でもある。

 身長も半年間で5センチも伸びて現在は175センチ。大型司令塔への成長に期待がかかるピピの華麗なドリブル、パスにシュートも加われば、将来の楽しみはさらに膨らみそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:7/16(月) 20:47
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事