ここから本文です

嵐が7連覇、白石麻衣ら急上昇 タレントパワーランキング音楽編

7/17(火) 10:40配信

NIKKEI STYLE

 2018年版タレントパワーランキングの音楽部門では、嵐が7年連続の1位。17年に発売したCDシングル3作はいずれも累計40万枚以上、アルバム『「untiled」』はオリジナル盤では17年最高の約80万枚、さらにライブ映像ソフトも年間ダントツ1位の約75万枚を突破した。また、17年4月のシングル『I’ll be there』から18年2月のシングル『Find The Answer』まで4作連続で、メンバー主演のドラマまたは映画の主題歌となっており、個々の活躍がグループの楽曲につながっているのも、嵐の大きな強みとなっている。

「坂道シリーズ」の躍進が顕著。音楽編の急上昇ランキングTOP20の一覧はこちら

 日経エンタテインメント!が発表している「タレントパワーランキング」は、アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化したものだ。

 2位はこちらも昨年に引き続きTOKIO。彼らは性別や年齢に関係なく人気があるのが特徴(調査は18年2月)。やはり、日本テレビの日曜の最強視聴率ゾーン内にレギュラー番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)を持つことが、国民的な認知度を維持する要因だろう。

 17年4位に入った宇多田ヒカルは、18年さらに3位へ上昇。17年にレコード会社をソニーに移籍後も着実に配信シングルがヒット。また、18年には男性シンガーソングライターの小袋成彬のプロデュースを手掛け、約8年ぶりとなる全国ツアーを予定している。

 12年より7年連続でトップ10入りするゆずは18年6位に上昇。17年はデビュー20周年を記念したオールタイムベストの発売や初の全国ドームツアーを敢行、『NHK紅白歌合戦』では大トリを務め、4位のサザンオールスターズや7位のMr.Childrenと並ぶ、国民的アーティストへと成長した。

1/2ページ

最終更新:7/17(火) 13:53
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。