ここから本文です

1歳の被告が哺乳瓶抱え出廷 こんなことがアメリカで実際に起きている

7/17(火) 18:03配信

ニューズウィーク日本版

ゼロ・トレランスの余波

<出廷したのは、ホンジュラス人の1歳のヨハン君。もちろん彼は自分の意思でここにいるのではない>

モスクでセクシーダンスをした中国人旅行者の顛末

ここ数週間、アメリカのニュースメディアでは泣き叫ぶ子供たちが母親から引き離される姿が放送されており、ドナルド・トランプ政権が5月に加速させた「ゼロ・トレランス(不寛容)」政策の余波は凄まじい。

俳優ジョージ・クルーニーと人権派弁護士のアマル・クルーニー夫妻などの著名人、そしてメラニア・トランプ大統領夫人の異例とも言える批判を受けて、トランプは6月下旬に方針転換。今後は一緒に収容することと離れてしまった親子を再会させる対応を発表したが、ここでもまた問題が浮上している。子供達は親の付き添いなしで、退去手続きを行うため移民裁判所に出廷しなくてはならないのだ。

7月上旬、トランプ政権のイメージに致命的な痛手を負わせる法廷が開かれた。

アリゾナ州フェニックス――7月6日にここにある移民裁判所に出廷したのは、ホンジュラス人の1歳のヨハン君。年齢はわずか1歳。もちろん彼は自分の意思でここにいるのではない。

父親に連れられて入国したものの、不法入国で父親は逮捕され親子別々の施設に収容。AP通信によると、父親はすでに祖国に強制送還され、1人残されたヨハンは現在、同州の保健福祉省で「保護」されている。送還される際に父親は、息子と一緒に帰れると虚偽の情報を信じさせられたという報道もある。

「恥ずかしさを覚える」

一般的な思考なら、1歳児が「被告」という自分の立場を理解しているなんて到底思えない。判事の呼び出しを待つヨハンは、哺乳瓶からミルクを飲み、ボール遊びをしながらその時を待った。

法廷に出たヨハンは、世話人がオムツ袋を整理するため別の人に託された数秒間泣いた以外は、終始おとなしくしていた。

一方、1歳の被告を目の前にしたジョン・W・リチャードソン判事は戸惑った。ヨハンの代理人に向かって「わずか1歳の男の子が移民法を理解できると思わないし、理解しているかどうかを聞かなければならないことに恥ずかしさを覚える」と話した。

結果、ヨハンは任意退去を求められ、政府の責任でホンジュラスの家族の元まで送り届けられることが決まった。同州で移民に無償で法的援助をする「フローレンス・プロジェクト」の代理人によると、両親はともにホンジュラスで息子の帰りを待ちわびている。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2018-10・23号
10/16発売

460円(税込)

【特集】日本人がまだ知らないウイグル弾圧
中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)