ここから本文です

「キャップ似合わなすぎ」 吉田麻也&大迫勇也、W杯後の“バカンス2ショット”公開

7/17(火) 15:10配信

Football ZONE web

ロシアW杯で攻守の要として活躍した二人が束の間のオフを堪能

 日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)で激闘を繰り広げたなか、決勝トーナメント1回戦ベルギー戦で2-3と敗れ、惜しくも史上初のベスト8進出は叶わなかった。新シーズンに向けて選手たちは束の間のオフを堪能しているが、DF吉田麻也が自身の公式インスタグラムでFW大迫勇也との“バカンス2ショット”を公開して反響を呼んでいる。

【写真】「キャップ似合わなすぎ」 日本代表DF吉田麻也、ロシアW杯後にFW大迫勇也と“バカンス2ショット”

 吉田は16日に自身の公式ツイッターを更新。「#ありがとう大迫家 #philippines」と綴って、フィリピンに滞在していたことを匂わせつつ、ロシアW杯で共闘したFW大迫との2ショット写真を3点公開した。

 美しい海辺で麦わら帽子とサングラスを着用した二人がサムアップしている一方、室内で同じ黒キャップを被った二人の2ショットなどが投稿されている。吉田は冗談交じりに「#キャップ似合わなすぎ」と綴っているが、返信欄では「大迫と仲良しすぎて半端ないって! 普通同じ帽子かぶれる?!」「キャップもの凄く似合ってると思うのは私だけ??!」「どっちもかっこええ」などの声が上がった。

 ロシアW杯で二人は攻守の要としてフル稼働し、ベスト16に大きく貢献。吉田は守備の要として全4試合にフル出場を果たした一方、大迫は4試合中3試合で先発出場し、グループリーグ初戦コロンビア戦で値千金の決勝ヘディング弾を叩き込んだ。

 吉田はプレミアリーグのサウサンプトンで在籍7シーズン目を迎えるなか、大迫は今夏にブンデスリーガのケルンからブレーメンに移籍し、新天地で再スタートを切る。新シーズンに向けて二人は英気を養い、活躍を期す。

Football ZONE web編集部

最終更新:7/17(火) 22:08
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新