ここから本文です

タヌキやキツネも踊る! 大分・姫島の盆踊り

7/18(水) 7:11配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

 毎夏、大分県姫島の静かな漁村の人々は、家族のもとへ帰ってくる死者たちを歓迎する。

ギャラリー:大分・姫島の盆踊り、写真14点

 日本各地で毎年行われるお盆の行事は、亡くなった先祖の霊があの世からこの世に戻ってくるのを迎えるものだ。生者と死者には結びつきがあるという信仰は、古くから根付いているものだが、もとは仏教の「盂蘭盆会」に由来すると考えられている。

 8月半ばに行われるお盆の行事は地域によって様々だが、霊を家に導くために提灯に火を灯す「迎え火」から始まるのが慣例。果物や線香、花を供える家庭も多い。他にもお盆の時には、お墓参りをして先祖の墓をきれいにし、お供えをしたり、お寺で読経したりする。

 盆踊りは、そうしたお盆の行事の象徴的なものだ。踊りは難しくないものが多く、うまい下手に関係なく誰でも参加しやすい。衣装をまとったり化粧をしたりした踊り手が、民話のキャラクターにふんし、祭囃子に合わせて踊ることもある。お盆最終日の夜は、かがり火や灯籠流しなど、「送り火」を盛大にたき、先祖の霊に別れを告げる。

 お盆の最古の記録は飛鳥時代にさかのぼるが、一般には12世紀ごろ、仏教の普及に伴って広まったと考えられている。

文=GULNAZ KHAN/訳=牧野建志

記事提供社からのご案内(外部サイト)