ここから本文です

英王室からエマ・ワトソンまで! ウィンブルドン2018を観戦したセレブたち

7/18(水) 19:02配信

集英社ハピプラニュース

2018年7月2日(現地時間)に開幕したウィンブルドン選手権2018。およそ2週間にわたり開催されるこの大会には、毎年著名なセレブたちが顔を揃えることで知られている。そして今年も、キャサリン妃やメーガン妃をはじめ、豪華なメンバーが集結! おしゃれな観戦ルックにも注目。

ウィンブルドンを観戦したセレブたちの写真を、もっと見る

●エマ・ワトソン
「ラルフローレン」のスリーピーススーツを着用し、会場を訪れたエマ(28)。同色のハットを合わせ、全身をオールホワイトで統一した。また翌日には、同じく「ラルフローレン」のシャツワンピースをセレクト。映画『美女と野獣』で共演したルーク・エヴァンス(39)らとともに観戦を楽しんだ。

●ロイヤルファミリー
ロイヤルボックスの常連で、大のテニスファンとして知られるキャサリン妃(36)。友人セレーナ・ウィリアムズ(36)を応援するため会場を訪れるのでは?と期待されていたメーガン妃(36)も現れ、貴重なツーショットが実現。キャサリン妃は上品な柄ワンピース、メーガン妃はカジュアルなストライプシャツと、ふたりらしい着こなしを披露した。
また男子シングルス決勝の試合には、ウィリアム王子(36)の姿も。妻であるキャサリン妃と一緒に笑顔で観戦した。

●ピッパ・ミドルトン
キャサリン妃の妹ピッパ(34)は、夫ジェームズ・マシューズ(42)と会場入り。現在第一子を妊娠中の彼女は、バルーンスリーブのコットンワンピースにバレエシューズを合わせ、ナチュラルなコーディネートに。ジェームズもベージュのジャケットにネイビーのパンツと、シックなスタイリングでまとめた。

●アンバー・ハード
グリーンのジャンプスーツで会場を訪れたアンバー(32)は、新恋人のヴィト・シュナーベル(31)と仲良く観戦。試合の合間には、ふたりで顔を寄せ合いセルフィーを撮ったり、キスをしたりするなど、熱愛ぶりをアピールする場面も。

●ロメオ・ベッカム
ベッカムファミリーの次男ロメオ(15)も会場でキャッチ。自身がテニスをプレーする動画をインスタグラムに投稿するなど、現在はサッカーよりテニスに夢中だと言われている彼。この日は、「アディダス」のTシャツ&パンツというスポーティルックで観戦に向かった。

●ジャスティン・ティンバーレイク&ジェシカ・ビール
ハリウッドのおしどり夫婦、ジャスティン(37)とジェシカ(36)もウィンブルドンへ。ジャスティンはドット柄のトップスにグレーのジャケット、ジェシカは花柄ワンピースにトレンチコートを羽織り、ともにおしゃれな装いで観戦。選手のファインプレーに拍手を送るなど、試合を満喫した様子。

text:Kyoko Kawaguchi