ここから本文です

“偽Amazon詐欺”、被害総額は1億6500万「騙されても泣き寝入り」の実態

7/18(水) 11:00配信

週刊女性PRIME

手口を更新する詐欺集団にご用心

 要するに、だまされない、引っかからないことが何よりも重要になってくる。

 前出の消費者庁の担当者も、相手の手に金銭が渡ってしまうと、回収の見込みは低いという。

「もし、警察が検挙した場合でも、お金が残ってないケースが多いですから、取り戻すことはなかなか難しいです」

 と前出担当者。さらに、

「記憶にないものに関しては、SMSが来ても絶対に折り返してはいけません。無視する一手です」

 と無接触を強くすすめ、

「188に電話をしてください。全国の最寄りの消費生活センターにつながるようになっています。もしくは警察の相談コーナー♯9110にご相談いただければと思います」

 前出・大阪消費生活センターの担当者は、

「昨年度まではほとんどが電話をかけさせるものだったのが、最近はメールを送らせるようになっている。催促のメールが届いたので、解約しようと相手側に個人情報などを書き加えて返信してしまったというケースがあります。その方は、“自宅を訪問します”というメールが届いて驚いて相談に来ました」

 詐欺集団は手口を更新する。バージョンアップする。それをきちんと知ることが、何よりも防犯の第一歩になる。

 冒頭のSMSに書かれていた連絡先に、試しに電話をかけてみた。2日間で都合6度、連絡をしたが通話中の「ツーツー」という音が鳴るだけでつながらなかった。

〈識者PROFILE〉
たかはし・ゆうき 2008年に弁護士登録。少年事件や遺産問題にも強い。著書に『慰謝料算定の実務第2版』(ぎょうせい刊)がある

3/3ページ

最終更新:7/18(水) 11:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/30号

特別定価410円(税込)