ここから本文です

「調理が面倒」を解決 サラダチキンに続く注目食材は

7/18(水) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)

 日経ヘルスより、「体・食・美」にまつわる最新のグッズ情報をお届けします。今回は、いま注目の最新フードをご紹介しましょう。

【関連画像】「MURB(マーブ)」(キッカスアンドカンパニー)

●サラダチキンの次はサラダフィッシュ

 サラダチキンに続き、「サラダフィッシュ」が注目を集めている。

 魚は、良質なたんぱく質以外にも、血管や神経を若々しく保ったり、体脂肪を燃やすスイッチを入れてくれる脂肪酸、EPAとDHAを含む優れた食材。しかし、骨があり、調理が面倒という点から敬遠されがちだ。サラダフィッシュはこうした問題点を解決。骨を抜いて味付けをし、そのままサラダなどの具として使える手軽さで、缶詰と比べても格段に開封しやすい。

 松岡水産の「サラダサーモン」は調理済みのサケを真空パックに。カネギ東海フーズの「サラダフィッシュ」は、いぶしたマグロやカツオを、サラダに合う味付けにしてある。

「サラダサーモン」(松岡水産)

 骨をすべて取り除いたサケを真空パックにした。3種類のスパイスをまぶしてスモークした「スモークパストラミ」(上)や、ガーリックとオリーブオイルであえた「オリーブオイル」(中)、山桜でスモークした「スモーク」(下)がある。賞味期限は冷蔵で30日間、冷凍で365日。すべて1切れ、300円前後(税別、編集部調べ)。

「サラダフィッシュ」(カネギ東海フーズ)

 国内で水揚げされたカツオとマグロを、地域の伝統的なカツオ節製造法である「手てびやま火山式」でいぶしてうまみを凝縮させ、調味した。そのままサラダなどにトッピングできるカットタイプ。賞味期限は冷蔵で90日間。「燻しまぐろ」(上)90g、「燻しかつお」(下)80g。ともに300円(税別、編集部調べ)。

すぐ飲める女性向けプロテインドリンク

 プロテインドリンクというと、パウダーをシェイカーで溶かす、とろみのあるタイプが多いが、そんなイメージを覆す、手軽にごくごく飲めるペットボトル入りが登場した。1本で、成人女性の1食分目安量である20gのたんぱく質がとれる。

「MURB(マーブ)」(キッカスアンドカンパニー)

 ピンクレモネード&ラズベリー味。運動時の水分補給にも。スポーツドリンクのようにサラッとした飲み当たり。脂質0で、炭水化物は5g以下。ダイエット中のたんぱく質補給にも。350ml、320円(税別)。

●茶葉丸ごと 日本茶ペースト

 茶葉には、脂肪燃焼成分として知られるカテキンなどのポリフェノールや、ビタミンCなどの栄養成分が豊富に含まれる。しかし、お茶として飲んで摂取できるのは30%程度。そんな茶葉の成分をまるごと摂取できる茶葉のペーストが登場した。

「日本茶ノ生餡」(おいしい日本茶研究所)

 写真左の焙じ茶(100g、1000円)、右の抹茶(100g、1200円、ともに税別)のほか、緑茶と和紅茶もある。ご飯と一緒に炊いたり、パスタソースに使うなど和にも洋にも合う。着色料や保存料、甘味料は不使用。

日経ヘルス 2018年7月号掲載記事を転載
この記事は記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

取材・文/日経ヘルス編集部 写真/渋谷和江

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ヘルス

日経BP社

2018年09月号

価格:600円(税込)

脂肪を減らす!一生太らない体を手に入れる
安くて良いコスメでOK!夏老け対策UVケア
新・解毒ダイエット

日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)の前後の記事

Yahoo!ニュース特設ページ