ここから本文です

X JAPAN新曲にToshl不在“方向性の違い”以上に深刻な問題

7/19(木) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 待望の新曲発表。だが、ファンからは歓声ではなく悲鳴が上がっている。7月22日から放送が始まるアニメ『進撃の巨人 Season3』(NHK)。その主題歌をX JAPANが担当することが発表された。X JAPANにとっては約3年ぶりの新曲で、シングルCDとして発売されるのは実に20年ぶり。しかも累計発行部数が7100万部を超える世界的な人気アニメとのコラボだけに、ファンにとっては何よりの吉報のはずだった。ところが──。

 新曲名は『Red Swan』。グループ名は『X JAPANfeat.HYDE』で、ボーカルはL'Arc~en~CielのHYDE。

《今、某所で#レコーディング中》というコメントが添えられたリーダーのYOSHIKIが更新したインスタグラムの“集合写真”には、X JAPANの他のメンバーは揃っているのに、グループ唯一無二のボーカル・Toshl(52才)の姿がなかったのだ。

 騒然としたファンからは、「Toshlくんがいない」「こんなのX JAPANじゃない!」「裏切られた気持ちです」という悲鳴にも似たコメントが殺到した。

◆YOSHIKIとは今いちばん仲がいい

 メンバーの中でも、YOSHIKIとToshlとの結びつきはとりわけ深い。2人は幼稚園の頃からの幼なじみで、小学校から高校まで同じ学校に通った。

 小学6年生にして共にバンドを組み、高校2年生の時に前身となる『X』を結成した。Xはインディーズ時代からビジュアル系バンドとして熱烈なファンを獲得し、1989年にメジャーデビューするや大ブレーク。メジャー1作目のシングル『紅』で日本ゴールドディスク大賞などさまざまな賞を獲得した。

『紅』は、現在NTTドコモのCMで女優の高畑充希(26才)が熱唱しているあの曲で、X JAPANファンの間でも人気が高い曲の1つだ。

 デビュー2年目には武道館、3年目には東京ドームを成功させた。1992年、海外進出を目指すなかでX JAPANに改名。チケットはプラチナ化し、その圧倒的なパフォーマンスで現役ながら伝説のバンドといわれた。

1/3ページ