ここから本文です

草刈正雄の長女・紅蘭が妊娠 ラッパー・RYKEYが交際をオープンにする理由とは?

7/19(木) 13:54配信

KAI-YOU.net

ダンサーの紅蘭さんが自身のInstagramで妊娠を発表。俳優・草刈正雄さんの長女ということもあって妊娠報道は注目を集めている。

【画像】ハードコアラッパーの素顔

そして、世間が気になっているのは、その交際相手であるラッパー・RYKEYさん。

RYKEYさんが突如表舞台から姿を消した空白の1年を経て行った彼へのインタビューで、紅蘭さんについても言及していた。

※本稿は、2017年12月に公開したインタビューを再構成しています

表舞台から姿を消していたRYKEY

日本人の父とケニア人の母をもつハーフのラッパー・RYKEYさん。

2015年6月、Manhattan Recordsより1stアルバムをリリースすると、実体験に基づく過激な内容ながら詩的なリリックや重みのあるフロウから、一躍注目を集めた。

わずか5ヶ月後に2ndアルバムをリリースし、さらに冠ラジオ番組「RYKEYと愉快な言葉達」を放送開始。2016年には客演として参加した楽曲「eyes」もヒップホップシーンでは高く評価された。

しかし、さらなる活躍が期待されていた2016年の7月、突如RYKEYさんのSNS更新がとまり、以降、公の場から姿を消すことに。

明確な発表はないものの当初から逮捕説がささやかれ、関係者は冗談混じりに「免許合宿」などと説明したがもちろん真に受けるヒップホップファンなどいない。

「期待されていたラッパーが突如姿を消し、関係者が言葉を濁す」という出来事は、過去に何度も経験済みだからだ。

様々な憶測が飛び交ったが、結局、公式の発表がないまま約1年もの月日が流れた。そして2017年7月、久しぶりにRYKEYさんのTwitterが更新され、彼の活動は再開された。

活動再開と同時に行ったインタビュー中、空白の1年について明確に言及することはなかったが、独自のラッパー論を展開。

「自分が思うラッパーは、他の人以上にいろんな感情を背負って生きてきた人」

彼はそれまでラップを「過去の過ちを歌って唯一評価される音楽」と定義し、ラッパーは生き方であるとしてその活動に邁進してきた。

「最近は世の中も変わってきてますが、真面目に生きていけない人たちがやる音楽(がラップ)だと思ってました」

そして2PacやBiggie(The Notorious B.I.G.)といったギャングスタ・ラッパーと呼ばれる海外のラッパーの名前をあげ、彼らに憧れすぎたしまった部分があった自身を認め、その行動を振り返った。

そして、ラッパーとしての生き方を貫く上で、紅蘭さんとの交際についても隠す必要はなく、オープンにしていると持論を展開した。

1/2ページ

最終更新:7/19(木) 16:08
KAI-YOU.net