ここから本文です

『半分、青い。』第95話では、鈴愛(永野芽郁)が涼次(間宮祥太朗)の“開けてはいけない箱”を開ける

7/19(木) 8:20配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『半分、青い。』。7月20日放送の第95話では、鈴愛(永野芽郁)が涼次(間宮祥太朗)の“開けてはいけない箱”を開ける。

第95話には懐かしの2人も登場【写真】

 涼次が新居用の資金を新作映画の制作に充てたことを鈴愛に打ち明けた第94話。第95話では、涼次から、開けてはいけないと言われた箱の中身が気になって仕方がない鈴愛の姿が描かれる。鈴愛は光江(キムラ緑子)たちの元にその箱を持ち込み、相談。箱を開けると、中には涼次が書いたと見られる映画の脚本がたくさん入っていた。その完成度に光江たちは感心するが、鈴愛はすべてが途中で終わっていることに気がつき指摘する。すると叔母たちは、何事も長続きしなかった涼次の性格を語りだし、鈴愛は不安を覚える。

 岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、1970年代から現代までを駆け抜け、やがて“一大発明”をなしとげるまでの半世紀におよぶ物語。主演の永野芽郁のをはじめ、佐藤健、清野菜名、志尊淳、間宮祥太朗、斎藤工、キムラ緑子、麻生祐未、須藤理彩、松雪泰子、滝藤賢一、上村海成、中村雅俊らがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/19(木) 8:20
リアルサウンド