ここから本文です

カワサキ2018H2 SXを最高速テストした結果は?!

7/20(金) 9:30配信

WEBヤングマシン

スーパーチャージャーの威力を検証

018Ninja H2 SXの最高速テスト

2018年モデルで新たに登場したスーパーチャージャーマシンのH2 SXを日本自動車研究所の高速周回路で最高速テストした。比較対象は前作H2とZX-14R。果たして何キロ出たのか?!

最高速マシンとは異なるキャラクターが明白に!

ツーリングテストから日を改めて、H2 SXのSTDを持ち出し、高速周回路で0→1000m加速と最高速アタックを敢行した。試乗車を変更したのは、低いスクリーンを持つSTDの方がトップスピードが伸びるのでは? との判断からだ。

結果、サーキットではわからなかった性能が丸裸に。加速性能は14Rが最速で、H2、SXが続く。0→1000mではH2が14Rを逆転。SXは終始3番手だった。最高速は、H2と14Rが早々に300km/hリミッターに当たり、ほぼ互角。わずかにH2が上回るが、リミッターの誤差の範囲と言える。SXは、270km/h程度からヨーイングが発生。さらに回転が吹け切ったにもかかわらず、リミッターには届かなかった。他車より上体が起き、カウルも大型のため、空気抵抗が大きいのも要因だろう。とはいえ、これも快適性を追求した結果。H2や14Rのような最高速狙いではなく、公道で楽しいSCツアラーなのだと改めてわかった。それでも十分速いが……。※ヤングマシン5月号(3月24日発売)より

【Ninja H2 SX】実測294.24km/h 0→1000m加速 19秒478

※上の走行動画を参照 ↑

最高速時はレッドゾーンを超え13000rpmに達した。メータ読みは299km/hでGPSデータロガーで計測した実速度が294.24km/hとなる。リミッターが発動する以前にエンジンが吹け切る設定だった。

【Ninja H2】実測298.97km/h 0→1000m加速 18秒575

※走行動画あり。下の関連記事参照 ↓

元祖スーパーチャージャーマシンのNinjaH2。2018年モデルはIMUを搭載さいた2017年モデルからの継続。メーター読みは299km/hで実速度はリミッターに当たっての298.97km/hだった。

【Ninja ZX-14R】実測298.73km/h 0→1000m加速 18秒795

※走行動画あり。下の関連記事参照 ↓

ZX-12Rからの血統を受け継ぐ大艦巨砲最高速ツアラー。こちらもアナログメーターは振り切り、実速度はリミッターに当たっての298.73km/hだった。

1/2ページ

最終更新:7/20(金) 14:49
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2018年12月号
10月24日発売

定価880円(税込)

ニューモデル特集KATANA他
スクープCB650R/CBR650R他
新車テストNIKEN
別冊付録KATANA1980-2019