ここから本文です

落選組3人を抜擢 海外メディアが「カタールW杯先発」予想 本田&長谷部の後継は?

7/20(金) 11:13配信

THE ANSWER

早くもカタール大会の11人予想「世代間のバトン受け渡しに問題はない」

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で16強進出した日本。MF本田圭佑、MF長谷部誠らが代表引退を表明し、今後は世代交代が迫られることになるが、海外メディアは次回の22年カタール大会の日本のスタメン11人を早くも予想。今大会メンバー入りを逃した落選組から3人を抜擢している。

【画像】「鼻にしか目がいかない」の声も!? 「来日した外タレ感」「お、トムクルーズ」と話題沸騰…乾が公開した“ハリウッドスターっぽい岡崎”の実際の写真

「2022年カタールW杯に向けて」と題し、大胆に4年後のスタメンを予想したのは、米スポーツ専門局「FOXスポーツアジア」だった。

 記事では「日本はすでにケイスケ・ホンダとマコト・ハセベという象徴的存在の2選手が代表から離れ、またゴウトク・サカイも同様だ」と3人が代表から引退することに触れた一方、「日本サッカーはこれまでも世代間のバトンの受け渡しに関して問題に直面したことはなく、現在の状況もこれまでと変わりはない」と世代交代に不安はないと強調している。

 今大会と同じ4-2-3-1が採用され、今大会落選したメンバーから3人が選出されている。左MF中島翔哉、左CMF井手口陽介、左SB遠藤航だ。「ロシアW杯代表から驚きの落選となったMFヨウスケ・イデグチがスターティング・イレブンに名を連ねる準備はできており、ショウヤ・ナカジマ、ナオミチ・ウエダ、ワタル・エンドウといった選手も同様だ」と説明している。

実際に選んだ「22年カタールW杯日本スタメン」の面々は?

 また、ワントップにFW大迫勇也、右CMF柴崎岳、DF昌子源ら、今大会躍動したレギュラーの面々は引き続き、スタメンを張ると予想。「ロシアW杯で鍵となる役割を担い、経験を積んだユウヤ・オオサコ、ガク・シバサキ、ゲン・ショウジらも、この4年間でさらに成長することだろう」とさらに伸びしろを発揮し、逞しくなってピッチに君臨するだろうと予想している。

 今大会は川島永嗣が務めたGKには中村航輔を選出している。少々気が早い気もするが、今後、日本がどんな成長曲線を描くのかはファンにとっても楽しみにしているところ。4年後のカタールでは、どんな11人がピッチに立ち、世界を驚かせてくれるのか。今から待ち遠しい。

【FOXスポーツアジア選出の「22年カタールW杯日本スタメン」】

GK中村航輔
DF吉田麻也
DF昌子源
DF遠藤航
DF酒井宏樹
MF井手口陽介
MF柴崎岳
MF中島翔哉
MF香川真司
MF原口元気
FW大迫勇也

THE ANSWER編集部

最終更新:7/20(金) 13:22
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。