ここから本文です

内海哲也は何を取り戻したのか。ストレート比率が増えて復活の3勝。

7/21(土) 9:01配信

Number Web

 同じような夢を巨人の2人の監督から聞いたことがある。

 「あいつをしっかり育てれば必ず優勝できるチームが作れる」

 2004年。ペナントが絶望となったシーズン終盤だった。東京ドームで当時の堀内恒夫監督はチーム再建へのカギを握る投手として、その年入団したルーキーの名前を挙げてこう語っていた。

 そうしてそれから1年余り後の'05年12月だ。そのオフに堀内監督からバトンを受けて、巨人に復帰した原辰徳監督も、2年目のシーズンを終えた同じ投手の名前を出してこんなことを語っている。

 「彼が名実ともにエースに育てば、巨人軍は黄金期を迎えるはずだよ」

 こんな風に2人の監督に夢を抱かせた投手が、若き日の内海哲也だったのである。

予言通り、巨人の黄金時代を築き上げた。

 そんな夢を胸に、堀内元監督は2年目から内海をローテーション投手に抜擢して、19試合に先発で起用した。しかしこの時点では、まだまだ力不足で4勝9敗の成績に終わり、チームもBクラスの5位に転落。その責任をとって堀内監督はユニフォームを脱いだ。

 しかしその抜擢が花開いたのは、後任の原監督就任1年目の2006年だった。内海にとってはプロ3年目のシーズンである。

 この年二桁の12勝をマークすると、翌年から14勝、12勝と連続二桁勝利をマークし、'11年からは2年連続最多勝にも輝いた。

 そうして原監督が就任したときに予言した通り、内海の成長曲線とともに巨人の黄金時代も築き上げられていったのである。それはまた1年目からその才を見抜き、期待を寄せた堀内監督の予言でもあった。

 内海はそんな2人の監督に夢を見させて、それを実現してきた投手なのである。

 ただ、ここ数年は故障などもあり、かつてのエースはすっかり輝きを失ってしまっているように見えた。

昨年は勝ち星2つ、今年は二軍スタート。

 特に昨年は大きな故障がないにもかかわらず勝ち星はわずかに2つ。7月8日の阪神戦以来、白星から見放されていた。

 迎えた今季。開幕は二軍スタートで一軍にお呼びがかかったのは、シーズンが始まって1カ月半近くが経った5月10日の阪神戦だった。

 「すごく遠い場所だと思ってファームでやっていた」

 こう語って一軍のマウンドに上がった内海は、5回3分の1を投げ4安打2失点で306日ぶりの白星を手にしている。さらに6月3日のオリックス戦では、試合は敗れたものの5回3分の1を5安打1失点に抑える粘り強い投球を見せた。

 その後はローテーションの一角を担って、後半戦の開幕となる7月16日の阪神戦に先発。この試合でも6回6安打1失点で対阪神通算27勝目となる今季3勝目を挙げるなど復活を果たした。

1/3ページ

最終更新:7/21(土) 9:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

958号
8月2日発売

定価590円(税込)

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART I>
史上最強高校を探せ。

【独白】 清原和博/桑田真澄「KKは二度輝く」
【大アンケート】 読者が選んだベストチーム30