ここから本文です

前澤ZOZO社長が抱く千葉ロッテ買収の野望 剛力はタレント価値低下の危機〈週刊朝日〉

7/22(日) 11:50配信

AERA dot.

<【大きな願望】プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい>

【写真】前澤社長との熱愛報道が出ている女優・剛力彩芽

 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイ(本社・千葉市)の前澤友作社長(42)が7月中旬、ツイッターで突如としてこうつぶやいた。

 千葉ロッテの本拠地球場の命名権を2016年に取得し、「ZOZOマリンスタジアム」としただけに、ロッテ買収の観測が急浮上。山室晋也・球団社長がすぐに否定し、火消しに走った。

 ただ、前澤氏の思いは熱いようだ。

 シーズンオフに球界へプランを提案すると表明。ツイッター上では、元近鉄の中村紀洋氏が<皆で作るZOZO球団に僕が貢献で来る事があれば嬉しいです>、元ライブドア社長の堀江貴文氏が<ひっそりと動いている16球団化のキーマンを前澤さんに紹介しときましたよ>とつぶやくなど、応援の声も広がる。

 前澤社長率いるスタートトゥデイは、10月に社名を「ZOZO」に変更する。仮に球団を手にすれば、認知度をより高めることにつながる。実現の可能性は、どの程度あるだろうか。元ロッテの投手で、ソフトバンクの球団経営にもかかわった江戸川大学の小林至教授(50)はこう指摘する。

「球団に限らず、企業買収の情報が表に出る時は、大詰めまで来たか、もう可能性がなくなっているか。今回のケースは後者ではないでしょうか。売り手と買い手の双方が望まないとできないし、野球界は敵対的買収をできる業界でもない」

 ハードルは限りなく高そうだが、経営計画でも「ファッション革命を起こす!」「前澤フルコミットで突き抜ける!」など、大胆に宣言する前澤氏だけに、何が起きるかわからない。

 会社経営と球団買収への思いにとどまらず、最近は女優・剛力彩芽(25)との熱愛も報じられている。

 二人はサッカーW杯ロシア大会決勝の観戦に訪れ、競技場前のほぼ同じ場所で撮ったと思われる写真を、それぞれのインスタグラムに投稿した。翌日そろって日本へ帰国したとみられ、一緒に音楽イベントに参加したようだ。剛力は二人の時間を楽しむコメントをSNS上に残している。

 交際の行方について、芸能ジャーナリストの佐々木博之さんはこう話す。

「まだ25歳の剛力さんにとって、大金持ちの世界は新鮮で、雲の上に乗っているような気分なのかもしれません。二人は年齢差がありますが、そのまま結婚までいってしまう可能性だってあると思います」

 一方で、芸能リポーターの石川敏男さんはこう危惧する。

「(剛力は)好きになったら色々見えなくなる。お付き合いすること自体はいいですけど、『なんだかんだいって、やっぱりお金(目当て)じゃないの?』と見られてしまうお相手ではあります。タレントイメージにとっては良くないです」

 前澤氏を巡るプロ野球球団と剛力彩芽の行方。しばらく目が離せない。

(本誌・太田サトル、大塚淳史)

※週刊朝日2018年8月3日号より加筆

最終更新:7/22(日) 13:58
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!