ここから本文です

黒歴史と言わないで…セレブが消した「過去のタトゥー」

7/22(日) 0:00配信

コスモポリタン

自身のアイデンティティを表す存在として、タトゥーを入れるハードルが低めのハリウッド。最近では電撃婚約をしたアリアナ・グランデが、婚約者のピートとお揃いのタトゥーを入れたことで話題になったように、人生の節目に入れることが多い様子。でも、その時は満足していても後になって後悔しちゃうことも多々…。そこで、人気セレブたちが過去に消した(消そうとした)タトゥーをご紹介します!

【写真13枚】元恋人のタトゥーを消した&ごまかしたセレブたち

ジョニー・デップ

タトゥーを書き換えるパイオニアと名高い(!?)、ジョニー・デップ。有名なのが、以前ウィノナ・ライダーと交際していた頃に右肩に入れた、「Winona Forever(ウィノナよ、永遠に)」という文字。破局後に一部を消して、「Wino Forever(大酒飲みよ、永遠に)」に変え、そのユーモアあふれる方法が話題に。

そんなジョニー、恋愛をすると後先を考えずにタトゥーを入れてしまう性分のようで、アンバー・ハードと結婚した際にも彼女にタトゥーを捧げることに。右手の拳に入れたのは、アンバーの愛称だった「Slim(スリム)」。その後、泥沼離婚劇が起こったことはご存知の通りだけれど、その結果「Scum(クズ)」と書き換えることに。さらに最近になって手を加えており、最新版は「Scam(詐欺師)」だそう。

リアーナ

元恋人クリス・ブラウンと交際していた当時に、お揃いのタトゥーを入れていたリアーナ。リアーナはうなじに、クリスは右耳の後ろに入れていたけれど、彼のDVをきっかけに破局。普通なら消してしまいそうなところだけれど、リアーナはさらに星を付け加えることでデザインを変化。今ではトレードマークに!

ゼイン

現在、ジジ・ハディッドと復縁中のゼイン。恋愛体質な彼は、大恋愛をする度に恋人を模したタトゥーを入れがち。

そんなゼインが消したのは、ジジの前に婚約をしていた「リトル・ミックス」のペリー・エドワーズの似顔絵。4年にわたって交際していたにも関わらずメール1本で別れを告げたとあってあまり円満な破局ではなかったようで、破局から1年ほど経過した頃にUFO柄に変更。その後により大きな宇宙のデザインに変えるも、もはや遠くからは何が描かれているか分からない状態に…。

そんなゼイン、愛するジジの瞳を胸元に彫ったばかり。このタトゥーを消す日がこないことを願うばかり…!

1/2ページ

最終更新:7/22(日) 0:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)